東京消防庁によると、きょう午後3時時点で、都内で、熱中症の症状を訴えて、病院に運ばれたのが、0歳~97歳の男女76人にのぼったことが分かった。症状としては、軽症と中等症のみで、重症者はいなかったという。きのうは、午後3時時点で、80人が熱中症の疑いで搬送されていた。

きのう1日で、都内では、12歳~102歳の男女196人が、熱中症の症状で病院に運ばれていた。熱中症の搬送者数としては、今年最多。このうち60代~80代の男女3人が重体、8人が重症だという

気象庁によると、きょうは、東京都心で、午後1時過ぎに、35.1度を観測し、4日連続の猛暑日となった。夜間も熱中症の恐れがあることから、東京消防庁は、冷房の適切な使用と、こまめな水分補給を呼びかけている。

記事 931 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。