高知・室戸沖に漁師を驚かせる珍客。世界最大魚類の「小さな」個体が網にかかり、生態調査が行われた。

海に潜る数人のダイバー。網に入ってきたのは世界最大の魚類と言われるジンベエザメ。6月21日の午前7時過ぎ、室戸岬沖の定置網の中を泳いでいるところを漁師が発見した。

この記事の画像(8枚)

体長は、約3メートル。これまで室戸沖に現れたのは、5メートルほどの個体が多いという。

水族館の専門家は。

海遊館 飼育展示部・猪田孝広さん:
いつも情報をいただくのは4~5メートルから、大きいと8、10メートル。3メートルは少ないと思います。3、4歳ぐらいかなと。あくまで推測ですけど

実は室戸市では別の漁港でも、6月1日に体長10メートルのビッグなジンベエザメが見つかった。
地元の漁師によると、これまでは年に数回だったが、19日も定置網にかかるなど、6月に入って合わせて8回も姿を現している。

生態の謎を解明する“大きな”手がかりになるか

生息地や寿命など生態がよくわかっていないミステリアスな回遊魚、ジンベエザメ。生態の研究のため6月21日、室戸・三津漁港には大阪・海遊館のスタッフが足を運び、血液採取などを行った。

水族館のスタッフも興味を示す“小さな”海のお客さんについて、地元の漁師は…

三津大敷・山本幸生さん:
とりあえずびっくりしましたね、あまりの小ささに。本当に珍しいです。25年(船に)乗っているけど、こんな小さいのは初めて。本当に小さくて可愛らしかったです

(Q.持って帰って家で育てますか?)
三津大敷・山本幸生さん:

いいですね(笑)

水族館にいるジンベイザメ

漁師をもメロメロにした“小さな”ジンベエザメ。その生態の謎を解明する“大きな”手がかりとなることが期待される。

(高知さんさんテレビ)

記事 299 高知さんさんテレビ

高知の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。