瀬戸内国際芸術祭2022(2)経済効果は?コロナ禍で初開催…県や自治体が7億超負担
ニッポン全国 注目スポット

瀬戸内国際芸術祭2022(2)経済効果は?コロナ禍で初開催…県や自治体が7億超負担

4月14日に開幕し5月18日に閉幕した、瀬戸内国際芸術祭2022の春会期。

ゴールデンウィークには、島々に渡る船が発着する高松港で、来場者による長蛇の列ができた。しかしそれ以外は、のんびりとした日常の光景が広がった。コロナ禍での初めての開催で、どれほどの経済波及効果を生みだすのか。

3年に1度開かれる瀬戸芸。2019年の前回は過去最多の約118万人が訪れ、経済波及効果は180億円に上った。宿泊や飲食を中心に、地域の経済は大きな恩恵を受けた。

前回(2019年)のにぎわい
この記事の画像(5枚)

一方、今回の春会期で会場となった8つの島と高松港、宇野港の来場者は、35日間で22万8133人。前回の春会期は38万6909人だったため、6割ほどにとどまったことになる。

今回(2022年)の沙弥島のにぎわい

この数字の評価を問われた香川県の浜田恵造知事は「来場者の数を目標にして行っているものではないので、もっと多ければ良かった・多すぎた、という考えは持っていない」と話している。慎重な答えだが、総事業費約13億円のうち、県や自治体などが約7億2600万円を負担する公共性の高いイベントだけに、評価は気になるポイントだ。

春会期を総括する香川県知事

日本銀行高松支店の高田英樹支店長は、「今回の瀬戸芸でも、人流の回復や小売店の売上回復につながったと聞いているので、相応の効果があったと思う」と経済面への波及について分析している。

経済への波及について語る日銀高松支店長

高松市内の飲食店からも「ゴールデンウィークには瀬戸芸に来たお客さんが来店してくれて、売上が上がった」という声が聞かれた。

2年以上続くコロナ禍で地域の経済は疲弊している。来場者は前回から減少したものの、地域にとっては少なからず恩恵があったようだ。

瀬戸内国際芸術祭2022の夏会期は8月5日~9月4日、秋会期は9月29日~11月6日に開催される予定だ。

(岡山放送・前川裕喜記者)

記事 1236 岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

香川県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

ニッポン全国 注目スポットの他の記事

“宇宙船”に1分半も…体験型「科学館」で親も子どもも楽しく学…

“宇宙船”に1分半も…体験型「科学館」で親も子どもも楽しく学…

ライフ
流す人も食べられる…「回る」そうめん流し誕生秘話 鹿児島・唐…

流す人も食べられる…「回る」そうめん流し誕生秘話 鹿児島・唐…

ライフ
ゴルフ場で仕事・遊び・温泉を…「ゴルファーケーション」に注目…

ゴルフ場で仕事・遊び・温泉を…「ゴルファーケーション」に注目…

ライフ
まるで円形劇場と星空… “日本一美しい図書館”の建築家の集大…

まるで円形劇場と星空… “日本一美しい図書館”の建築家の集大…

ライフ
涼しく動物も活発…「夜の動物園」はいかが?夏の人気イベント開…

涼しく動物も活発…「夜の動物園」はいかが?夏の人気イベント開…

ライフ
「進撃の巨人」作者の故郷で“世界観”満喫 アスレチックで「調…

「進撃の巨人」作者の故郷で“世界観”満喫 アスレチックで「調…

ライフ
一覧ページへ
×