インドネシアからの新人介護士に密着 弟も妻も介護士「一緒に頑張る」  日本での新生活に期待【広島発】
FNNピックアップ

インドネシアからの新人介護士に密着 弟も妻も介護士「一緒に頑張る」 日本での新生活に期待【広島発】

少子高齢化で将来、介護職の人手が足りなくなると言われている。そこで期待がかかるのは外国の人材。新型コロナ対策による入国制限が緩和され、インドネシアから広島県福山市へ来ることができた新人介護士らを追った。

日本の介護に特化した職業訓練校で学ぶ

2022年4月の早朝、東京から1台の高速バスが到着した。降りてきたのは特定技能の資格を持つ5人のインドネシア人。

インドネシアから来た新人介護士:
ちょっと寒いです。疲れました。お腹がちょっと空いています

この記事の画像(23枚)

スーツケースは1人2個、日本滞在は最低でも5年を予定している。新型コロナの影響で入国が延期となっていたが、3月に国が新規入国制限を緩和したことでようやく来日がかなった。

グデさん:
新しい環境で仕事をするのでとてもワクワクしています

アユさん:
介護士として、ずっと日本に住んで働きたいです。介護福祉士の資格を取りたいです

「特定技能」とは、外国人労働者の受け入れを拡大するため3年前に新設された在留資格で、人手不足が深刻化する介護、建設、農業など14の業種が対象。5人は特定技能で働ける5年の間に国家資格の「介護福祉士」に合格すれば、永続的に日本で働くことができる。

こちらはインドネシアにある介護に特化した日本語学校職業訓練校。3年前に設立され、約160人が日々勉強に励んでいる。今回来日した5人もこの学校の卒業生だ。

日本語での授業風景を見せてもらった。

生徒A:
具合はいかがですか?

生徒B:
そうですね、ちょっと体がだるいですね

生徒A:
バイタルサインを測らせていただいてもよろしいでしょうか?

日本で技術を学び働きたいと考えるインドネシアの若者たちが学んでいて、これまで230人の介護人材を日本に送り出した。

報告書も日本語で「仕事は大変だが楽しい」

福山市にある施設「ゆうゆう松永」には卒業生3人が勤務していて、食事や入浴、排せつの補助をする他、1日をどのように過ごしたのか家族へ伝える報告書も日本語で書く。

Q:辞めたいと思ったことはないですか

介護福祉士を目指す来日4年目 シスカさん:
ないです。仕事は大変ですが、おじいさんとおばあさんに会うことが楽しい。

Q:なぜ日本人の介護士が少ないと思うか

介護福祉士を目指す来日4年目 シスカさん:
仕事は大変だからだと思います。色々なストレスがあるので。認知症の方への対応が大変だと思います

日本人新入社員:
きょうで3日目です。名前と顔を覚えるのでやっとです。日本人の先輩と変わらないくらいテキパキと動いている。日本語も流暢

介護労働安定センターが行った調査によると、広島県内で外国籍労働者を受け入れている事業所は5.3%。「利用者との意思疎通に不安」「生活習慣の違いに戸惑い」などの理由を挙げ、外国人材受け入れに抵抗を持つ業者は少なくないようだ。

国の試算によると、65歳以上の人口は2025年には3677万人、2045年には3935万人と高齢化率は36.8%に。

広島県内でも高齢化率は上昇を続け、3人に1人が高齢者となり、2040年には約1万1500人の介護職員が不足すると推計されていて、外国人材に頼らざるをえない未来が迫っている。

弟と1年ぶりの再会 妻子も来日へ

今回来日した5人の中で、最年長29歳のグデさん。来日4年目のアーマドさんと共同生活がスタートした。

グデさん:
インドネシアは毎日夏、雨が降る。冬がありません

Q:雪を見たことは?

グデさん:
見たことない。今回初めて。いつも仕事頑張ります。子どものことを考えます

グデさんの家族は今、インドネシアにいるが、妻も介護士で5月から広島市内の施設で働くことが決まっている。2023年春からは家族4人で生活する予定だ。

翌日、行われたオリエンテーション。広島県府中市内の介護施設にグデさんの来日を心待ちにしている人がいた。待っていたのは、1年ぶりの再会となる弟のコマンさんだ。

弟のコマンさん:
元気ですか?

グデさん:
はい、元気です。久しぶりやね。これから頑張りましょう

コマンさん:
頑張りましょう

遠く離れた日本で久しぶりの兄弟と再会。元気なコマンさんを見て安心したのか、グデさんの目に涙が浮かぶ。

グデさん:
久しぶりで私は恋しかった。弟は優しくて明るい人。一緒に頑張ります

グデさん兄弟の再会を知った利用者の人たちが歌をプレゼント。「春が来た 春が来た どこに来た 山に来た 里に来た 野にも来た」と童謡を合唱した。

これから始まる日本での生活。童謡の歌詞の意味が分かる日はそう遠くないのかもしれない。

いよいよ仕事がスタート メモをとりながら実践

グデさん:
これからよろしくお願いします

そして始まった仕事、一生懸命にメモを取りながら仕事を覚える。

ゆうゆう国府ホーム長・清田文子さん:
左側から喋ってあげたらよく聞こえるから分かりやすい。分かる?

グデさん:
分かります

教えられたことはすぐ行動に移す。

グデさん:
はいもう少し入れて、上手です

ゆうゆう国府ホーム長・清田文子さん:
認知症の方が多いので、気持ちが伝わる声かけや介助ができたらいいなと。言葉が分からなかったら、ジェスチャーしながら壁を越えていきたい

グデさん:
忘れるのが怖いので必ずメモして忘れないようにしています。新しい環境で仕事するので、とてもワクワクしています。心配ない。いつも頑張ります

グデさんの日本での挑戦が始まった。

(テレビ新広島)

テレビ新広島
テレビ新広島

広島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 382
広島県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
外国人観光ガイド コロナ禍でタクシードライバーに 評価は「おもてなしナンバーワン」【広島発】

外国人観光ガイド コロナ禍でタクシードライバーに 評価は「おもてなしナンバーワン」【広島発】

FNNピックアップの他の記事

行動力の妻を夫が支え…60歳で始めた食堂「人との出会いが喜び」…

行動力の妻を夫が支え…60歳で始めた食堂「人との出会いが喜び」…

ライフ
野良猫のふん尿や鳴き声が問題化 不妊・去勢の「出張手術」で過…

野良猫のふん尿や鳴き声が問題化 不妊・去勢の「出張手術」で過…

社会
舞踊家✕デザイナーで“ぼくらの公民館” 商店街に人が集う場所…

舞踊家✕デザイナーで“ぼくらの公民館” 商店街に人が集う場所…

都道府県
誤嚥性肺炎を防ぐ世界初の「とろみが付く飲料自販機」 植物由来…

誤嚥性肺炎を防ぐ世界初の「とろみが付く飲料自販機」 植物由来…

ライフ
“自宅”が除染廃棄物「中間貯蔵施設」に 期限は2045年…石碑に…

“自宅”が除染廃棄物「中間貯蔵施設」に 期限は2045年…石碑に…

社会
教職員がいない“昼休み”に避難訓練「自分の命は自分で守る」……

教職員がいない“昼休み”に避難訓練「自分の命は自分で守る」……

ライフ
一覧ページへ
×