岐阜県各務原市に、生まれつき左手の指がない中学生の野球選手がいる。小学3年で野球を始めた少年は、今ではエースと外野手の「二刀流」で活躍している。

障害乗り越えチームの主力に「みんなが温大についていく」

この記事の画像(24枚)

岐阜県各務原市の中学3年生、横山温大(はると)くん(14)は生まれつき左手の指がない。

横山温大くん:
他の子と違うけど、違うと自分では思っていない

障害を乗り越えて、今ではチームの主力として活躍する野球少年だ。温大くんについて、クラスメイトは…。

男子生徒A:
みんなが温大についていく。温大はすごく大きな存在。弱気なところを見せることはないです

男子生徒B:
小学校の頃から、弱気なところを全然感じさせなかった

温大くんは3人兄弟の末っ子として生まれた。

父・直樹さん:
生まれてすぐに先生(医師)から呼ばれて、実はこういう風で(左手の指がない)と言われて…。ショックというか

母・尚美さん:
野球をやらせたいから、男の子がもう一人ほしいって…。指がないことを知って、真っ先に旦那には「野球できないね」と言ったと思う

左手の指がないのは、先天性で原因は不明だ。

母・尚美さん:
幼稚園の年中か年長くらいの時は、「小学校行ってもこのままなの?」って言った時がありました

父・直樹さん:
「小学校入ったらみんなと一緒の手になるんだよね」って言っていたので…

ブルペンで投げ込んだ後は外野の守備へ…ハンデ感じさせず

温大くんは、野球をしていたお兄ちゃんとお姉ちゃんに憧れ、5歳で家の中でバッティング練習を始めた。

不安を抱えながらも、小学3年で地元のスポーツ少年団に入り、義手をつけてプレー。中学生になると先輩たちと一緒に試合に出るまでに成長した。

横山温大くん:
手が不自由だけど、それをハンデとせず、逆に武器として

現在は、ボーイズリーグ「江南ボーイズ」でエースを任されていて、ブルペンで快速球を投げ込んだ後、外野のノックに。投手と外野手の二刀流だ。使っているグローブを見せてもらうと…。

横山温大くん:
ピッチャーをやる時は普通に左手にはめてそのまま捕るけど、外野をやるときは左手だと掴めないので、右手で掴んで握り変えてやる

現在は義手を使っていない。ピッチャーの時は、手首をマジックテープで固定する特注のグローブを左手に。

そして、外野では普通のグローブを右手につけ、捕球したら素早くグローブを外し右手で投げている。

横山温大くん:
グローブを取ったりはめたりする時間があるので、最初は苦労しました

バッティングは力強いスイングで、主軸の3番を任されている。温大くんが左バッターなのには、ある理由があった。

横山温大くん:
左打ちの方が右手で振りぬきやすい。左手は球が当たるところで押し込むくらいで、あとは右手一本で

激しい練習で手が痛くなることはないのだろうか。

横山温大くん:
最初の方は結構痛かったけど、今はもう慣れました

ハンデを感じさせない「二刀流」だ。

野球が強い高校めざし 自宅でもお父さんとバッティング練習

この日、温大くんを訪ねてきたのは、バッテリーを組む同じ中学の川上洸晶(こうせい)くん。叔父さんは元ドラゴンズの川上憲伸さんだ。

チームの練習がない日は、週に2日ほど一緒に練習をしている。

川上洸晶くん:
温大は狙っていない球が来ても対応できるので、それがすごい

川上くんが帰った後も、仕事終わりのお父さんとバッティング練習と、タオルを使ってシャドーピッチング。人一倍努力しなければと、黙々と腕を振り続けた。

そんな温大くんのために、お母さんが夕食を準備していた。

母・尚美さん:
気持ち多めに。サラダだと食べないので、カレーの中に野菜を混ぜて

横山温大くん:
いつも通りおいしい

母・尚美さん:
本人の希望は、野球が強い高校にいくことですけど、頑張ってもらいたいし、努力をして後悔しないようにやってもらいたい

全国大会の予選は初戦敗退も…高校でレギュラーを目標に

3年生にとって最後の全国大会への予選が、間近に迫っていた。

横山温大くん:
チームもいい感じにきているので、このままでいけば勝てると思う。しっかり準備して試合に臨みたい

練習や試合の送り迎えをしてくれた両親。家族一丸で臨んだ大会当日が訪れた。

温大くんの背番号は、エースの証“1番”だ。先発投手、さらに3番バッターとして試合に臨んだ。少し緊張した面持ちでマウンドにあがると、いきなり2者連続三振を奪った。

しかし2回、ピンチを背負うと犠牲フライで先制点を許す。その後も「甘い球がいってしまった」と、相手打線を抑えることができなかった。

バッターとしても2打数ノーヒット。結果を残すことが出来ず、チームも敗れ初戦敗退だった。

母・尚美さん:
周りも同じように普通に接してくれて、生まれた時は心配したことが、今は心配なくやれているのでありがたい。少しでもハンデがハンデじゃなくなるように、普通にやれるようにこれからもやってもらいたい

横山温大くん:
負けてしまったけど、ハンデがあってもしっかり普通にみんなと一緒にできるので、高校でもしっかり野球を頑張って、レギュラーをつかめるようにしたい

ハンデをハンデとしない。温大くんは、高校でも主力としての活躍を目指す。

(東海テレビ)