この記事の画像(11枚)

コンビニエンスストア「ローソンストア100」が展開しているヒット商品「200円弁当」の第3弾に、「のり磯辺揚弁当」が登場し、人気となっている。

「200円弁当」 シンプルだけど?いやいやシンプルだから?大ヒット

2021年に始まった「200円弁当」。第1弾では、ご飯とウインナーだけの「ウインナー弁当」が100万個近く売れて大ヒットした。

第2弾もごはんとミートボールのみの「ミートボール弁当」が40万個超えのヒット。
その「200円弁当」の第3弾が、3月に登場した。

それが「のり磯辺揚弁当」だ。白いご飯に海苔、その上に青海苔に包まれたチクワがのっている。本来、弁当箱の隅に置かれていた磯辺揚げが、堂々とセンターに置かれ、輝きを放っている。

考案者の林弘昭さん:
クセもないですし、お弁当の横にも入っていますし。嫌いな人もいないのかなと思いまして磯辺揚げにしました。すごく香り豊かな青のりの良いにおいが、鼻に抜けるような感じになりました

林さんの狙い通り、発売から3週間で早くも12万個以上を販売した。

購入した客A:
ちくわの磯辺揚げが私好きなので

購入した客B:
磯辺揚げ好きなのでちょっと一回買ってみようかなと思って

購入した客C:
(磯辺揚げが)好きで、「あ、入っているわ」と思って買ったらお値打ちじゃない?200円で

客独自のアレンジで楽しめる…「引き算の美学」

こうしたシンプルな商品を提案し続けるのには、林さんの哲学があった。

考案者の林弘昭さん:
シンプルにした方が(客の)ご本人の意向で、味つけを変えられたり、見た目を変えたり色々とやれる幅が広がる。あえて足し算ではなくて"引き算"。引いていくという形で考えています

例えばこのお弁当に、サラダや麺を足すなど、客自身に食べたいメニューを組み合わせてもらうため、余計なものは入れないという考えだ。

シンプルな商品はほかにも 「具なし」中華まん

そんな「引き算の美学」を生かした商品は他にもある。

リポート:
こちらの中華まん。中身はというと…何も入っていません!

その名も「具なしまん」、2個入り108円。

皮だけで売ることで、例えばおつまみの缶詰やあんこなど、好きな具を挟んで楽しむことができるというわけだ。

「磯辺揚弁当」や「具なしまん」は全国のローソンストア100で販売されている。

(東海テレビ)