この記事の画像(8枚)

三重県津市の住宅街で3月に起きた事故。ワゴン車の窓ガラスが粉々に大破するほどの衝突だったが、その相手は“鹿”だった。

住宅街に鹿!? 意外と多い野生生物との接触事故

窓ガラスが大破したワゴン車。座席には散乱したガラスの破片が…。

車の所有者の男性:
ガラスが爆発したみたいな感じで、バリンって一瞬で無くなっちゃった感じですね

事故の凄まじい衝撃を物語る写真だ。
2022年3月15日午前11時前、事故は三重県津市の住宅地で起きた。衝突の相手は、車ではなく「鹿」。車のドアには鹿の体毛も付着していた。

男性:
バックミラーを見た時に、後ろに鹿がいたんですよ。車の高さと一緒くらいあったと思うんですけど。(衝突した後)立ち上がって、そのまますっと走って逃げていきました

助手席だけでなく、後部座席左の窓ガラスも割れた。

男性:
何が起こったかさっぱりわからなくて。よく映画とかで空襲があってガラスが割れたみたいな、あんな感じで

鹿に突進された男性の車は、窓ガラス3枚と座席シートの取り換えに加え、ボディのキズなどの修理に約70万円かかったという。

事故があった現場は、近鉄久居(ひさい)駅とJR高茶屋(たかちゃや)駅の間、住宅地に囲まれた見通しの良い直線道路だった。

突如、住宅地に出没したという一頭の鹿に、近所の住民たちは驚きを隠せない。

近所の人A:
鹿なんて…聞いたことない。犬かなにかと間違えたんちゃうの
近所の人B:
鹿!?この辺に鹿出たの?ウソやろ、聞いたことないそんなもん。俺ここに42年おるもん

実は2021年の1年間で、津市内では車と鹿の衝突事故が32件発生。三重県内をみてみると、鹿が429件、猪が42件も起きている。

最近は住宅地でも鹿との衝突事故が発生していて、警察は注意するよう呼びかけている。

野生動物と遭遇したら? 急ハンドル避け 場合によってはぶつかる覚悟も

それでも、もし運転中に野生の動物と遭遇したらどうすればいいのか?

JAFによると、まず警戒標識に注意すること。そして、野生動物に遭遇しても急ハンドルは避けることが重要だとのこと。動物を避けようとして、別の事故をひき起こさないようにするためだ。

特に高速道路では、ブレーキで回避できない場合は、よほどの大型動物でない限り、まっすぐ衝突するしかないという。

対策として、上向きライトにすると遠方でも動物の目が光って発見しやすい。

また、任意保険を使うには事故証明が必要となるため、警察に通報することも忘れずに。

(東海テレビ)