娘の卒業式“袴レンタル代”工面できず…月の稼ぎは約5万5千円 62歳タクシー運転手の春【三重発】
FNNピックアップ

娘の卒業式“袴レンタル代”工面できず…月の稼ぎは約5万5千円 62歳タクシー運転手の春【三重発】

この記事の画像(20枚)

タクシー業界は新型コロナの影響を受け、まだまだ苦しい状況が続いている。

三重県でタクシードライバーをする62歳の男性は、2022年2月の稼ぎは約5万5000円だった。一人娘の卒業式で、袴のレンタル代も工面することができなかった。しかし卒業式の前日、男性は、今してあげられる精一杯のことを形にした。

ほとんど働いている価値ない…1日10時間で月の稼ぎが5万5000円

三重県のJR津駅。鈴なりになった“客待ち”のタクシーがいつもの光景だ。

原 勝彦さん:
お金も無いので、自分でおにぎり握って持ってきて食べています。車の中で食べたら、おいしいこともない、冷たいですし…

ドライバー歴18年の原勝彦さん(62)は、いつ来るのかもわからない客を待ち、仕事時間の大半をここで過ごしている。

原 勝彦さん:
ほとんど働いている価値がないから。売上無かったらゼロやから…。10時間駅におったって、2件や3件で2000円くらい売上たって、生活できへん

原さんの2月の稼ぎは約5万5000円。1か月のうち17日、1日10時間働いた結果だ。
この日も朝から晩まで働いて、客は8組だった。ここ最近ではまずまずだが、短い距離ばかりで“あがり”は1万4000円。そのうちの半分が会社の取り分となる。

まん延防止解除も人は戻らず…新型コロナの影響受けるタクシー業界

三重県では3月7日に「まん延防止措置」が解除され、少しずつ街に人は戻ってきた。しかし、夜の繁華街で客を待つドライバーからは、明るい話題は聞こえてこない。

タクシー運転手A:
変わりません。やっぱりみんな家飲みが多いんちゃいますの。まだ企業さんが動いてへん。企業さんが動かんことには。県庁関係とかね…
タクシー運転手B:
やっぱり皆さん、まだまだ感染者の数が多くて、飲みに行ったりする気になってないですね

タクシー会社の売り上げが激減(三重県タクシー協会調べ)

新型コロナの大きな影響を受けたタクシー業界。三重県内のタクシー会社全体の売上は、2019年度は68.6億円だったが、2020年度は44.1億円と24億円も下がった。

建てた家はバブル崩壊で売却…今度は新型コロナに翻弄される家族

原さんの3DKの自宅は、家賃1万2500円の市営住宅だ。妻の左都子さん(59)と娘の愛瑛(まなえ)さん(20)の家族3人で、肩を寄せ合って暮らしている。

妻・原 左都子さん:
ひどい状態になった時があって、本当に働き口を探せって主人も言ったぐらいで。だから私も探すわって…。1日12時間働いて2千円ってあり得ます?

原 勝彦さん:
吉本の(売れない)芸人さんのギャラとほぼ変わらんよ

原 左都子さん:
コロナで翻弄されました、私ら家族は

生まれ故郷である大阪の冷凍食品会社に勤務していた原さんは、1992年に職場で出会った左都子さんと結婚。バブル景気にあやかり、自慢の一戸建てを構えた。この頃は、明るくまっすぐな道だけが見えていた。ところが、バブル崩壊で生活は一変。収入は激減し、家のローンだけが残った。

原 勝彦さん:
(仕事の)シフト変えで家のローンの支払いができなくなったので、諦めた方がいいなと家を処分して…

自慢の一戸建ても処分することに…

一人娘の愛瑛さんを授かったのは、42歳の時。大阪を出た後は広島県でタクシー運転手として働き、2019年に愛瑛さんが津市の短大へ進学するのをきっかけに、家族で三重に移り住んだ。

原 愛瑛さん:
(父が)とても大変そうだなと感じて、自分だったらしたくないなっていうのは正直あります。私にはできないことなので尊敬しています

原 勝彦さん:
お世辞でも、テレビ用の言葉でも嬉しいわ

新しい暮らしを始めて、わずか1年で新型コロナに覆われた生活。原さんの心もとない稼ぎだけではやっていけず、妻の左都子さんも病院の配膳係として働き始めた。

父親らしいことをしてやりたいが…娘の卒業式の袴レンタル代も工面できず

先が見えない中、この春に娘の愛瑛さんが短大を卒業する。

原 勝彦さん:
(袴の)柄も自分で安いの選んで段取りしていたから。お金のかかる部分あるから、出せるもんなら出してあげたいし、本人の似合う色もあるやろうし…

原さんは、袴のレンタル費用を工面することができなかった。

原 勝彦さん:
誕生日は3月末なので、まとめて何かあげられればあげたいのはある

「父親らしいことをしてやりたい」それが今の原動力だ。

流し営業と常連客からの呼び出しで成り立っていた広島時代と違い、三重のタクシーは“待ち”が基本だ。

タクシーの女性客:
もっとキレイにしてこればよかったわ

原勝彦さん:
化粧しなくても、十分若くてキレイですよ

気に入ってもらえれば次につながると、苦手な“営業トーク”も頑張った。

今してあげられる精一杯のことを形に 愛娘へ卒業のプレゼント

愛瑛さんの卒業式前日…。

原 勝彦さん:
(カバンの中を探りながら)何か変なもん入っとるわ。(紙袋を渡して)はい、卒業おめでとう

原 愛瑛さん:
ありがとう

1万4400円の腕時計と、3200円のネックレス。

原勝彦さん:
社会人になったら、時間をきっちり守って行動できるように。それが一番大事だから。いちいち小さいこと気に留めて、グチグチ言っていてもしょうがないから、前だけ見て生きろ。100万円200万円のダイヤモンドの宝石よりもきれいに光るから。あなたが光らせられると思うから

原 愛瑛さん:
感謝の気持ちもいっぱいですし、必ず大事に無くさないようにします

今してあげられる精一杯を、形にした。

今日も原さんは、いつも通り駅前にいる。お昼ご飯は、やっぱりおにぎりだ。でも、この日のおにぎりは、少し特別だった。

原 勝彦さん:
今日は気が向いたのか、子供が握ってくれとった。大きすぎて、味が薄くて、形がいびつやから、まだまだ合格点にはならない

そうは言いながらも、原さん何だかうれしそうだった。

タクシードライバー原 勝彦さん。今は、長い長い“待ち時間”の途中だ。

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2110
三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

九州北部豪雨から5年(3)  「ありがとう」父の最後の言葉は“感謝…

九州北部豪雨から5年(3) 「ありがとう」父の最後の言葉は“感謝…

都道府県
九州北部豪雨から5年(2)  「もう鉄道は戻ってこない」鉄路も寸断…

九州北部豪雨から5年(2) 「もう鉄道は戻ってこない」鉄路も寸断…

社会
九州北部豪雨から5年(1) 「帰るにも帰る土地がない」故郷が流さ…

九州北部豪雨から5年(1) 「帰るにも帰る土地がない」故郷が流さ…

社会
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」海軍司令官が沖縄戦中に送った電文 平和…

「沖縄県民斯ク戦ヘリ」海軍司令官が沖縄戦中に送った電文 平和…

都道府県
母校被災で“卒業式”かなわず…「地元でカフェ開きたい」高校生…

母校被災で“卒業式”かなわず…「地元でカフェ開きたい」高校生…

社会
大量焼却される「バナナ」からデニム 環境にも優しいユニーク素…

大量焼却される「バナナ」からデニム 環境にも優しいユニーク素…

都道府県
一覧ページへ
×