日本に避難したウクライナ人女性に、新型コロナウイルスワクチンの接種が行われた。

4月21日午前、埼玉県越谷市の会場でワクチン接種を受けたのは、ウクライナ人のナタリア・ブリトキナさん(50)。

ブリトキナさんは9日、日本政府が座席の一部を借り上げた航空便で日本に到着し、日本人男性と結婚した娘とともに越谷市で暮らしている。ブリトキナさんは、ウクライナでは1度もワクチンを打ったことがなく、今回が初めての接種だという。

クライナ人のナタリア・ブリトキナさん(50)日本人男性と結婚した娘とともに越谷市で暮らす
クライナ人のナタリア・ブリトキナさん(50)日本人男性と結婚した娘とともに越谷市で暮らす
この記事の画像(2枚)

ウクライナから避難した人へのワクチン接種は、埼玉県の大規模接種会場では初めてです。

記事 1241 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。