後藤厚生労働大臣は、米ノババックス製の新型コロナウイルスのワクチンについて、きょう午前、薬事承認した。 厚労省の専門部会が、きのうの会合で、薬事承認することを了承していた。

ノババックス社製の新型コロナワクチンは「組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれるタイプで、対象は18歳以上。ファイザーやモデルナとは作用が異なり、これまでのワクチンでアレルギーが出た人への使用や、すでに別のワクチンを接種した人への3回目の接種として使用することも想定されている。

国内では4種類目の新型コロナワクチンとなる。政府はすでに1億5000万回分の供給を受ける契約を結んでいて、承認されれば来月下旬に配送が開始される予定。

きょうの閣議後の会見で、ノババックス製のワクチンについて言及する後藤厚労相
きょうの閣議後の会見で、ノババックス製のワクチンについて言及する後藤厚労相
この記事の画像(2枚)
記事 1241 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。