新型コロナウイルスの変異株に対応した新たなワクチンの確保を政府に求めるなどとする、自民党の提言案の原案が判明した。15日朝の自民党の会合でとりまとめる見通し。

新型コロナワクチンに関する自民党のプロジェクトチームの提言案の原案では、「オミクロン株」の異なる系統が組み合わさった「XE系統」の感染力の強さを指摘した上で、今後より感染力が強い変異株が出現する可能性に言及。

その上で、現行のワクチンは「最初の武漢型のウイルスに合わせて作製されたものでオミクロン株に対する効果は限られ、持続も短いと考えられる」と指摘している。そのため、政府は高齢者や重症化リスクのある人への今後の接種のために、「オミクロン株」を含む変異株に対応した新たなワクチンの確保に努めるべきだとした。

また今後のワクチン接種について、4回目を超えると、「それ以上の効果は期待し難い」と指摘。一方で、重症化リスクが高い高齢者などについては、4回目接種による重症化予防効果が時間の経過によって減衰する可能性があるとして、新型コロナウイルスの感染状況によっては、ワクチンの5回目接種が「必要になることも、あり得ないことではない」としている。

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 993