2022年3月に、愛知・犬山市の名鉄犬山ホテルの跡地に「ホテルインディゴ犬山有楽苑」がオープンした。国宝・犬山城が一望できる「眺め」や、地元産の野菜をふんだんに使った「創作アレンジ料理」が魅力のホテルだ。

「城」と「茶室」2つの国宝を楽しむ…「ホテルインディゴ犬山有楽苑」

この記事の画像(12枚)

2022年3月、2019年に営業を終了した名鉄犬山ホテルの跡地に「ホテルインディゴ犬山有楽苑(うらくえん)」がオープン。

インディゴブランドとしては、箱根、軽井沢に続く国内3か所目だ。

総支配人:
歴史や文化、大自然をふんだんに楽しんでいただけるような施設

このホテルには、犬山の魅力がたくさん詰まっている。まずは、国宝・犬山城が一望できる「眺め」。

さらに、敷地内には、織田信長の弟・有楽斎(うらくさい)がつくった国宝の茶室・如庵(じょあん)もあり、同時に2つの国宝を鑑賞することができる。

156ある客室の「内装」も魅力的だ。犬山の歴史をイメージし、地元の職人が手掛けた工芸品や家具が備わっており、壁には犬山城も描かれている。

そして、こだわりは「料理」にも。地元産の野菜などをふんだんに使った「トリュフバターのフレッシュパスタ」(3200円)や…

犬山の車山(やま)をイメージした「車山照スペシャルバーガー」(4500円)などの創作アレンジ料理がいただける。

ディナーだけでなく、ランチコース「ひよこ豆のサラダ グリルドネイバーフッドベジタブル」(4400円)も。

そして、旅の疲れを癒してくれる「温泉」。美肌効果があるとされる「白帝の湯」は、犬山で唯一の天然温泉で、肌がつるつるになると評判だ。さらに宿泊者は、フィットネス器具を無料で利用することもできる。

「ホテルインディゴ犬山有楽苑」は、スタンダードルームで1泊1室(2名利用)4万円から。

特別な日に泊まってみたいホテルだ。

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2112