岸田首相は19日朝、インド、カンボジア訪問のため、政府専用機で羽田空港を出発した。

岸田首相は出発前、「ロシアによるウクライナ侵略は国際法違反の暴挙だ。力による一方的な現状変更をインド太平洋で許してはならない。両首脳とも膝をつき合わせて意見交換を行い、国際社会との結束をしっかり確認したい」と羽田空港で記者団に述べた

また、岸田首相は、インドのモディ首相との会談で、今春に東京で開催予定の日米豪印4カ国「クアッド」首脳会合の成功と、「自由で開かれたインド太平洋」の実現にむけた連携を確認したいとの考えを示した。

岸田首相は19日夜、モディ首相と会談し、翌20日にカンボジアに移動し、フン・セン首相と会談する予定。

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 981