この記事の画像(12枚)

ひつまぶしから着想 新たなご当地グルメ

愛知県清須市に新たな名物として開発されたグルメがある。

名古屋名物のひつまぶしから着想を得て開発された、新グルメの「清須からあげまぶし」。刻んだ唐揚げに白だしの卵あんをかけるなど、独自な食べ方で人気になっている。

「清須からあげまぶし」は、2021年12月に市の観光協会と町の飲食店が協力し、地域活性化のために開発された。食べ方はひつまぶしスタイルで、一杯目はそのまま、二杯目は薬味をのせて、三杯目はダシをかけて頂く。現在、市内の様々な店で食べることができる。

女性客A:
からあげに薬味をつけたりとか、お茶漬けにしたりと新しい

なぜ、清須でからあげなのか。市の担当者は「織田信長が桶狭間の戦いに清州城より出陣し、天下“取り(とり)”の出発点となったことにあやかり、“鶏(とり)”のからあげをメインにした」と説明する。

さらに、織田信長の好物だったという「焼き味噌」と「湯漬け(お茶漬け)」からもヒントを得て、清須産の味噌を使った鶏唐揚げをひつまぶし形式で提供することが、清須からあげまぶしの条件に。目指すは、信長にあやかり全国に名をとどろかせるグルメだ。

特製タレも地元にこだわり カレー味や中華風まで

からあげまぶしを提供する店の一つが、名鉄西枇杷島駅の目の前にある「信長食堂」。この店の唐揚げは、わらじ状の国産鶏もも肉を片栗粉にまぶして揚げている。

揚げてすぐにくぐらせる特製のタレには、地元企業ナカモの「だし入り赤だしみそ」と、ソースやケチャップで有名な太陽食品工業の「太陽ソース」が使われている。

そして、食べやすい大きさに刻んだ唐揚げにかけるのは、白だしの卵あん。とろみのある卵あんをかけることで、冷めにくくまろやかな味になるという。刻んだ唐揚げが特徴のランチ限定「清須からあげまぶし」(1628円)。

女性客B:
なんか卵スープをかけた、おじやみたい。美味しい

男性客:
くどくなかったので食べやすかった

卵あんをかけた後、お茶漬けに使う「ぶぶあられ」を散らすのが、お店おすすめの食べ方。

信長食堂のオーナーの男性:
(からあげまぶしを)清須から日本中に広めたい。名古屋めしまで持っていきたい

他にも、市内の「カレーハウス CoCo壱番屋」のカレー味に…。

中華料理店「桜華」の中華風。

「コーヒーとパンの店 モカ」のおこげも楽しめるビビンバ風のものまで、各店舗が趣向を凝らしたからあげまぶしが味わえる。

(東海テレビ)