岡山県の美しい星空を広く発信しようと、総社市と広島・福山市を結ぶ井原鉄道で、星空をイメージしたラッピング列車が完成し、2月22日から運行が始まった。
夜空をイメージした車両には、12星座のほか、モモなど岡山を象徴するイラストが大胆に描かれている。

「天文王国おかやま」の魅力をPRしようと制作

井原鉄道で2月22日から運行が始まったラッピング列車「スタートレイン」。

生本ひなの記者:
車内はこのようにさまざまな星座で彩られていて、車内にいながら星空を楽しむことができます

この記事の画像(8枚)

沿線の井原市美星町地区が2021年11月、星空版の世界遺産と言われる星空保護区に認定されたことなどを受け、「天文王国おかやま」の魅力をPRしようと制作された。

デザインを監修したのは、現代美術家の太田三郎さん。

現代美術家 太田三郎さん:
自分が誕生した月の星座図の前で、乗車の記念に写真を撮るなどの楽しみ方をしてもらいたい

デザインを監修した現代美術家の太田三郎さん

まるで列車の中ではないような体験

トンネルに入り車内が真っ暗になると…満天の星空が広がる。
列車を貸し切ったときには、このようにプラネタリウムを楽しめる工夫も施されている。

試乗した人:
列車に乗っていることを忘れさせてくれるような、幻想的で感動的な体験でした

また、星空をイメージしたラッピングが施された観光バス、「スペースライナー」もお披露目された。

今後、美星天文台などをめぐるツアーなどに活用されるという。

井原鉄道 藤本悌弘社長:
星空のロマン、そしてファンタジーに包まれて、列車の旅、バスの旅を楽しんで、井原地域の沿線の良さを感じてもらえれば

スタートレインは、1日平均2往復運行され、岡山の美しい星空を県の内外にPRする。

(岡山放送)

記事 1188 岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。