賞味期限が迫った非常食の行き先に一石を投じた2人の女性がいる。

横浜市内の大学に通っていた関芳実さんと菊原美里さんは、ビジネスアイデアを考える授業で賞味期限が迫った非常食の処理に悩む企業と食糧を必要とする人たちをつなげるサービスを発案。

この記事の画像(6枚)

このサービスを事業として取り組むために2人は大学を休学して、2021年4月に株式会社Stock Baseを設立した。

株式会社Stock Base代表取締役 関芳実さん

災害備蓄食を持て余す企業の課題に気づいたという菊原さんは「食品ロスにもつながっている」と利点を挙げる。また、関さんは「一歩外に出たら欲しい人がいるという気づきがあった」と起業のきっかけを語る。

フードバンクやこども食堂、大学生も

都内のある高層ビルの倉庫では約10万食分の非常食のうち、約2万4000食の賞味期限が迫っていた。

そこで、このビルの管理会社は賞味期限が迫った分の非常食の引き受け先探しを、ストックベースに委託。

ビル管理会社の担当者は「彼女たちを介すことで、非常に効率よくスピーディーに相手先を見つけられる」と話す。

このサービスはまず、提供可能な非常食の情報がアップされる。フードバンクやこども食堂などの団体が必要なものを選ぶと、それらが無料で取り寄せられるという仕組みだ。

また、コロナ禍で生活に困窮する学生たちにも、インスタント食品やモバイルバッテリーなどが届けられている。

受け取った大学生は「バイト先が数カ月ほど休業していて、持っているお金では立ち行かなくなったので、すごく助かりました」と感謝する。

菊原さんは「モノは限られていると思うので、資源を循環させて、その中で街づくりやコミュニティーにつなげていくところが、私たちの目指す姿です」と語った。

株式会社Stock Base
https://www.stockbase.co.jp/

「フューチャーランナーズ~17の未来~」
フジテレビ 毎週水曜日22:54~23:00放送中(関東ローカル)
BSフジ 毎週土曜日 21:55~22:00放送中
■動画はこちらから
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive_171.html
■過去の動画一覧はこちら
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html

SDGs

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html