暴走する重機が歩道に…下校途中に奪われた娘の命

生まれつき聴覚に障害があった、井出安優香さん。2018年2月1日、わずか11歳で命を奪われた。

この記事の画像(11枚)

安優香さんの父親・井出努さん:
あれから4年が経って、ちょうど生きていたら、中学卒業なんだなと思いますね

事故は、聴覚支援学校から帰る時に起きた。歩道を歩いていた安優香さんは、突然突っ込んできた重機にはねられた。

重機の暴走の原因は、運転手の男がてんかんの発作を起こしたこと。病気を隠して運転免許を更新していたことが分かり、刑事裁判で懲役7年の判決が確定している。

安優香さんは生まれてすぐ、医師に「言葉を話すことは難しい」と言われていた。
しかし努力を重ね、人前で堂々と話せるようになっていた。

井出安優香さん:(当時)
赤組・白組の思いのこもった迫力ある応援をご覧ください

運動会では、みんなの前で精いっぱい語った。

井出努さん:
声もスマホに残ってるんですよ

安優香さんの母親・さつ美さん:
楽しみにしているからね、みたいな

スマホから聞こえる安優香さんの音声:
今度は楽しみにしているからね

娘の命は…両親を苦しめる“逸失利益”の考え

両親は娘を成長のさなかに奪われた上に、過酷な現実に直面している。

井出努さん:
娘の11年間の努力、家族一緒になって努力をしてきた。今度は民事裁判で、これだけ頑張ってきた娘を侮辱する…娘を2度殺されたという気持ち

井出さんが損害賠償を求めて起こした民事裁判で、被告の運転手などが出してきた主張は思いも寄らないものだった。

賠償額を決める根拠となるのは「逸失利益」=事故にあわなければ将来得ていたはずの収入だ。

井出さんは、安優香さんの逸失利益について「全ての労働者の平均賃金」をもとに計算するべきだと主張している。
しかし、被告側は安優香さんの聴覚障害を理由に、逸失利益は全労働者の平均賃金の約6割の「聴覚障害者の平均賃金」で計算するべきだと主張。

司法の世界では、ほとんどの障害者の逸失利益は、全ての労働者の平均よりも低く認定されていいるのだ。

努力重ねた娘の11年 「証明」を求められ…

今も、4年前と変わらない部屋。安優香さんは障害がない子どもと同じように、一生懸命勉強してきた。

井出さつ美さん:
安優香らしい、なんかほっこりする文章書いてるなと思って。『かき氷、食べたら冷たくてさらなり、頭が痛くてわろし』とか。(頭が)キーンてするからね、かき氷。安優香らしい発想やなって思って、なんかほっこりするでしょう

両親は裁判で、安優香さんに「健常者」と同等の学力があったことなどを証明するために、勉強に使っていたノートなどを証拠として提出しているが、もどかしい気持ちを抱えている。

井出努さん:
娘を奪われた精神的な苦痛は遺族の方にしかわからない気持ちだと思う。そこに輪をかけて、自分の娘がどういう子だったか証明しろって言われても、ほんとどん底ですよね。逸失利益という言葉自体がなければ、ややこしい民事裁判はないのかなと思ったり…

専門家「人の価値の平等の観点からみると違和感」

傷ついた遺族をさらに苦しめている“逸失利益”。司法の専門家も、この考え方には限界があると指摘する。

立命館大学・吉村良一名誉教授:
逸失利益は、人の価値の平等という点から見たら違和感がある。そんなのおかしいから根本から変えなさいという論文を学者は書くが、残念ながら裁判官は受け入れない。
裁判所の判断のよりどころになるのは憲法であり法律だが、もっと広く言えば社会の人々がもつ法意識です。『そんなのおかしいね』と思うかどうか。
もし安優香さんの裁判で平均賃金から減らすという判断をするなら、裁判所の良識を問われると思う

努力を認めて…裁判で闘う理由

どうして、障害があることで将来を否定されてしまうのか。どうして、残された家族が苦しまなければならないのか。

安優香さんの努力を認めてもらうために。それが、両親が裁判を戦う理由だ。

井出努さん:
『どうして?安優香が悪いの?』と、幻聴とも言える娘の声が耳から離れません。娘の11年間の努力と将来を否定され、私たち家族の精神的苦痛は増すばかりでした。…安優香、もう少しの間 パパに力を貸してください

(関西テレビ「報道ランナー」2022年2月1日放送)

関西テレビ
関西テレビ
メディア
記事 364