コーヒー1杯のモーニングに、しょうが焼きからラーメンまで常時140種類

岐阜・大垣市に、圧巻のモーニングを提供する喫茶店がある。コーヒー1杯の値段で、無料で選べるモーニングの数は、なんと140種類。開店当初のメニューは2種類だったが、店主が気付いたのは「客が食べたいものを出せばまた来てくれる」という方程式だった。

この記事の画像(14枚)

岐阜・大垣市の「カフェ待夢(タイム)」は、1日中提供している「モーニングセット」で人気の喫茶店だ。「モーニング」といえば、ドリンク1杯の値段で、トーストなどが無料で食べられるセットが一般的なのだが…

女性客:
しょうが焼き

男性客A:
エビカツバーガー

男性客B:
明太クリームコロッケのカレー。色々選べるので楽しいです

この店では、コーヒー1杯(400円)を注文すると、グラタンに豚骨ラーメン、コロッケをトッピングしたカレーなど、「モーニング」の域を超えたメニューが“実質タダ”で食べることができる。

店を切り盛りするオーナーの古田恵一さん(49)は、店の営業時間の朝6時から夜7時まで「モーニング」を作っている。

スタッフ:
オーダー入ります、ナポリタン、オムライス、焼きそば定食です

その後も、「Cランチ」「カキフライ定食」「チーズバーガー」「豚汁うどん」と厨房には次々と注文が。2つとして同じ注文はない。一体メニューはいくつあるのか…?

オーナーの古田恵一さん:
種類は日本一だと思っている。140種類くらい。バイトの子も覚えていないくらい

常時140種類のモーニングは、すべて古田さんが1人で調理。ドリンクとセットの「モーニングメニュー」として提供している。

トロッと感と粘りがクセになる…激レアメニュー「納豆マヨトースト」とは

古田さんが「自分で考えたメニューだから、もちろん全て覚えている」と話す140種類のメニュー。とはいえ、中には、ほとんど注文が無いものもあるという。

古田恵一さん:
「納豆マヨトースト」。半年に一回くらいしか出ない。おいしいと思うんですけど、まるっきり

店を手伝っている娘さんに聞いてみると…

長女:
(納豆マヨトーストは)知らない…

激レアメニューといえる「納豆マヨトースト」を半年ぶりに作ってもらった。想像していた通りの見た目だが、トーストのサクッと感とマヨネーズ納豆のトロッと感が意外にあう、クセになる味だ。140種類もあるからこそ、メニューの中には隠れた逸品が埋もれていた。

「食べたいものを出せばまた来てくれる」…気付いたら140種類に

コーヒー1杯の値段でいろいろ選べる「モーニング」。なぜメニューは、140種類にまで増えたのだろうか?

古田恵一さん:
最初は2種類だけだった。1キロ範囲にお店が5店舗くらいありまして、2種類では戦い抜けなかった。常連が「ハンバーガー出しているお店は(まわりに)ないわよ」と…

常連客のアドバイスやリクエストに応えるうちに、気が付けばメニューは140種類に…。正直、増やしすぎたとは思わないのだろうか?

古田恵一さん:
思っていますけど、今さら後戻りできない。食べたいものを出せば、また来てくださるだろうと。それの繰り返しですね

岐阜・大垣市直江町にある「カフェ待夢」は、膨大なメニューの中から、おいしい料理を探す楽しさがあるお店だ。

(東海テレビ)