15日時点
この記事の画像(2枚)

2月15日 注目競技の結果

スノーボード:
男子ビッグエア決勝
国武大晃選手(20)が4位。国武選手は1回目、3回目で80点台の高得点を記録し、2回合計166.25点だったが、惜しくも3位と4点差でメダルを逃した。
大塚健選手(20)は、2回目に95点の最高得点を記録したものの、1回目、3回目の失敗が響き9位に終わった。

【関連記事】
世界初の大技“5回転半”で頂点へ…スノーボード國武大晃「命懸けで戦う」平昌予選敗退の悔しさ北京で晴らす

女子ビッグエア決勝
村瀬心椛(むらせ・ここも)選手が2回合計171.5点で銅メダルを獲得した。村瀬選手は日本選手団最年少の17歳の高校生。日本人の冬季五輪最年少メダル獲得記録を更新した。
岩渕麗楽選手(20)は4位、鬼塚雅選手(23)は11位だった。

【関連記事】
【速報】冬季五輪最年少メダリスト村瀬心椛(17)「いやあ夢みたい」
【速報】17歳 村瀬心椛が銅 “冬季女子最年少”メダル獲得 スノーボード女子ビッグエア決勝
北京五輪 スノーボード・ビッグエア 村瀬心椛が予選を2位で突破し決勝へ「最高難度の技を決めて表彰台に」

スピードスケート 女子団体追い抜き
日本は連覇ならずも 銀メダルを獲得

カーリング 女子1次リーグ
イギリスに敗れて日本は4勝3敗に

スキー複合 男子個人ラージヒル
渡部暁斗が銅メダル獲得 3大会連続メダル

2月15日 注目競技

★は決勝種目 時間は日本時間

スキー複合:
17:00~
男子個人ラージヒル(飛躍) 渡部暁斗、山本涼太
20:00~
★男子個人ラージヒル(距離)

スノーボード:
10:30~
★女子ビッグエア決勝 村瀬心椛、鬼塚雅、岩渕麗楽

14:00~
★男子ビッグエア決勝 大塚健、国武大晃

スピードスケート:15:30~
★女子団体追い抜き決勝 

フィギュアスケート:19:00~
女子ショート 坂本花織、樋口新葉、河辺愛菜

カーリング:
15:05~
女子1次リーグ 日本-英国

記事 4286 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。