(2月14日午前0時時点)
(2月14日午前0時時点)
この記事の画像(2枚)

2月14日 注目競技の結果

カーリング:
女子1次リーグ 日本のロコ・ソラーレは、韓国に5-10で敗れ、4勝2敗となった。
第1エンドにイージーミスで韓国にスチールを許すと、その後はなかなか複数得点ができず、差を広げられていった。

スキー ジャンプ 男子団体決勝:
日本は4人の合計882.8点で5位だった。オーストリアが合計942.7点で金メダル。
2回目、佐藤幸椰は124.0mで114.9点、中村直幹122.0mで97.8点、小林潤志郎は120.0mで99.0点。小林陵侑は132.5mで132.6点、不利な追い風の中130m超のフライトで、第4グループではトップとなり意地を見せた。

1回目は、佐藤幸椰が126.0mで110.8点、中村直幹が124.5mで96.6点、小林潤志郎が128.5mで105.1点、小林陵侑が134.0mで126.0点。日本は1回目を終え、4人の合計点で438.5点で5位。首位はスロベニアで467.4点。2位はオーストリア、3位はノルウェー。

【関連記事】
【速報】ジャンプ男子団体メダル逃す 小林陵侑「4年後楽しみ」

スノーボード 男子ビッグエア:
1回目で国武大晃が3位、浜田海人が5位につけた。大塚健は13位、飛田流輝は転倒して25位。
上位12人が決勝に進出する。

スノーボード 女子ビッグエア:
初出場の村瀬心椛が171.00点の2位、平昌五輪4位の岩渕麗楽が158.50点の3位、平昌五輪8位の鬼塚雅は154.25点の5位で、いずれも上位12人による15日の決勝に進んだ。
首位通過は、サドフスキシノット(ニュージーランド)。

予選3回目 
村瀬心椛は86.00点。1回目と3回目の得点が採用され合計は171.00点。
岩渕麗楽は転倒し、3回目11.75点。1回目と2回目の得点が採用され合計は158.50点。
鬼塚雅は3回目73.50点。1回目と3回目の得点が採用され合計154.25点。

予選2回目 日本勢が上位を独占した。岩渕麗楽が75.50点。ここまでの合計158.50点でトップに。村瀬心椛が72.75点。ここまでの合計は157.75点で2位。鬼塚雅が72.25点。ここまでの合計は153.00点3位につけた。

予選1回目 村瀬心椛が2位(85.00点)、岩渕麗楽が3位(83.00点)、鬼塚雅が4位(80.75点)につけた。

カーリング:
女子1次リーグ 日本のロコ・ソラーレは、中国に10-2で勝利。4連勝で4勝1敗に。
日本は3点を取るエンドが2度あり、特に第5エンドの3点スチールが大きかった。

2月14日 注目競技

★は決勝種目 時間は日本時間

スキー ジャンプ:20:00~
★男子団体  

スノーボード:
10:30~
女子ビッグエア予選 村瀬心椛、鬼塚雅、岩渕麗楽
14:30~
男子ビッグエア 大塚健、国武大晃、飛田流輝

カーリング:
10:05~
女子1次リーグ 日本-中国(1試合目)
21:05~
女子1次リーグ 日本-韓国(2試合目)