スペイン人の母を持ち、190センチの長身と甘いマスクで、若手俳優たちが出演する学園ドラマでブレイク。プレーボーイから悪役まで幅広い演技で活躍する俳優・城田優、36歳。

歌番組では美しい歌声を披露し、その「イケメンボイス」で映画の吹き替えやナレーションでも注目。さらに、近年は圧倒的な歌唱力とダイナミックな演技でミュージカル俳優としての地位を確立。名作舞台に立て続けに出演し日本を代表する存在に。

そんな城田に1月13日(木)放送、フジテレビ『めざまし8』の「エンタメ社会学」では、10年来の友人である社会学者・古市憲寿が“城田優の人生を変えたミュージカルへの熱き思い”に迫った。

受けたオーディションは100回近く…泣きながら帰った過去

この記事の画像(7枚)

古市憲寿:
子供の頃から俳優さんになりたかった?

城田優:
KinKi KidsさんとかV6さんがちょうど出始めたころで、自分がやりたいことを全部やっている方たちっていうイメージがあったから、あこがれがめちゃくちゃありましたし。

古市憲寿:
当時から歌って踊れる人に憧れがあった?

城田優:
そうそうそう。13歳の頃に、初めて自分の意思で履歴書を書き事務所のマネージャーさんと面談をし、事務所に入ったんですね、そこから暗黒時代というか。

歌って踊れるアイドルや俳優に憧れ、13歳で芸能界入りした城田。ドラマや映画のオーディションを100回近く受けたという。

城田優:
本当に仕事なんてほとんどなかったし、街角スナップみたいな感じで写真を撮って雑誌に載ったりとかしていることで、もう「やったー」って思えるような感じ。

古市憲寿:
そこでくじけなかったの?やっぱり辞めようって。

城田優:
めちゃくちゃ、くじけたよ。学園もののオーディション行っても「いや、君みたいな子はクラスにいないんだよね」とか言われるのが一番キツかった。「俺はいるじゃん」って思ってたんだよね。「俺はいるよ!」って。

古市憲寿:
そういうこと言われちゃうんだ。

城田優:
言われたのよ、当時。14歳で180cmを超えてしまっていたが故に、顔は童顔なんだけど背はめちゃくちゃ高くて扱いづらいわけですよ。とにかく毎回悔しい思いをしながら泣きながら帰った。

古市憲寿:
でも、それをちゃんと突破できる何かがあったんだ?

城田優:
結局、何回もあきらめようとか、もうダメだって思ったんだけど、どうしても好きが勝っちゃって。歌う事とか何か表現することに対して、好きっていう思いがどうしても勝っていたからあきらめきれずに、ずっとオーディションを受け続けて、やっと高2の時に受けたミュージカルのオーディションで合格した。

人生を変えたミュージカルとの出会い

17歳の時、「美少女戦士セーラームーン」の舞台に出演。

城田優:
歌って踊ってお芝居してっていう、初めて自分がやりたかったことを全部できた時にちょっと救われた。

そんなミュージカルの魅力に取りつかれた城田の代表作のひとつが、不朽の名作「エリザベート」。内野聖陽さんらベテラン俳優が演じてきた大役、トートを24歳の若さで熱演。

古市憲寿:
堂々とした役みたいな時も緊張はしているの?

城田優:
いやいや、むしろトート役が、俺の人生史上一番やばかった役ですね。稽古中は楽しいのよ、なんのプレッシャーもないから。でも本番入ったら、もう「本当に出たくない、嫌だ無理!」。自分のソロパートの前、裏で待機しているときにオーケストラが仰々しく音を鳴らすわけさ。その音でどんどん心臓がバクバクしてきて「落ち着け、落ち着け。オレは出なきゃいけないのに」とか、過呼吸状態になっちゃうこともあった。

それでも舞台に立ち続け、数々の名作ミュージカルに引っ張りだこの存在に。ミュージカルにかける強い思い。そこには、17歳の初舞台でかけられたある言葉が。

城田優:
初めて先輩方に「優、その容姿は舞台でめちゃくちゃ武器になるし、もう親に感謝した方がいいよ」ってことをたくさんの方に言われた時に、初めて自分の居場所というか、自分のコンプレックスやデメリットだと思っていた部分が、非常に生きる場所があったんだというのを知ってうれしかった。

活躍の場はさらに広がり、ミュージカルで共演した山崎育三郎さん、尾上松也さんとオリジナル舞台を制作するユニット「IMY」(アイマイ)を結成。

城田優:
ミュージカルで仲良くなって何か一緒に面白いエンターテインメントを作ったり、お互いのエンターテインメントを見合いながら刺激をもらえるってすごくうれしいことだし、色々な可能性を広げられたらいいなって。やっぱ、エンターテインメントに正解もないし時代は変わっていって、その中でエンターテイメントってジャンルはもっと変わっていっていいはず。

さらに城田は、話題の映画で最高のハマり役を演じているという。

“10日で7キロ減” ストイックな役作りも見どころに

1月14日(金)公開の映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」で城田が演じるのは、長澤まさみ演じる天才詐欺師・ダー子らから財宝を狙われるスペイン人の元マフィア。

古市憲寿:
スペインのマフィア、セリフも全部スペイン語と英語、なかなか日本のドラマや映画で無い役だよね。

城田優:
小さい頃はコンプレックスに思ってた部分が、初めて役で100%生きるというか。逆に言うと、スペイン人のマフィア役を日本にいる誰に他やらせられるんですかっていう話ですよ。

コンプレックスだった背の高さや彫りの深い顔立ちが武器になったと語る城田。しかし、この映画の役作りで監督から無茶ぶりが。

城田優:
まだ公開されてない作品があるんだけど、その時に結構(身体を)大きくしたんですよ。人生最高体重くらいまでいったんだけど、そしたら、その撮影が終わって10日間しかない中で、監督から「これ(この写真)ぐらいに痩せてらえませんか?」っていう。撮影入る10日前くらいに来て「まじか!」と思って。俺、なんなら大きくしたものを活かして、さらに大きくしてマフィアっぽく、いこうかなと思ってたわけよ。

古市憲寿:
太ったマフィア系の役作りを考えてたんだけど?

城田優:
と思ってたら、割とちゃんと格好いい系のマフィアで行きたいっていう監督からの意向を聞いて。そこからもう10日間で、7kg落として。

城田が古市をプロデュース!? 近年では演出も担当

2月に上演されるミュージカル「カーテンズ」では、主演だけでなく演出も担当。

城田優:
(ミュージカル)よかったら古市さんも、ボク演出しますよ。最近はなかなか行けてないですけど、カラオケとか歌がどっちかというと苦手じゃないですか…。

古市憲寿:
どちらかというとね、なかなかの苦手だよね。

城田優:
だけど、俺が一緒に歌って、ちょっとリードして自分なりに指導すると、メロディー取れるんだよね。

古市憲寿:
だから本当に指導とかうまいんだなと思った。歌にしてもたぶん、いろんなお芝居とかして教えることがうまいよね。城田優と仕事がしたいっていうクリエイター、たくさんいると思うのね。

城田優:
本当ですか、もし城田と組みたいというクリエイターの方がいらっしゃるのであればぜひ!

(めざまし8「エンタメ社会学」1月13日放送)

めざまし8
めざまし8
記事 407