2021年に大ブームとなったスイーツといえば「マリトッツォ」だが、2022年はどんなものが人気を集めるのだろうか。2022年に来そうな、注目のトレンドスイーツを大胆予測した。

2022年注目を集めるトレンドスイーツは?

見た目のインパクトとバリエーション豊富なラインアップで、空前の大ブームを巻き起こしたイタリア発のスイーツ「マリトッツォ」。

この記事の画像(17枚)

では2022年はどんなスイーツがはやりそうなのか。まずは札幌市の情報誌「poroco」の編集長 福崎里美さんに、はやるスイーツの特徴を聞いた。

poroco・福崎里美統括編集長:
SNSで撮りたくなるようなもの。コロナ禍で人と会えない状況で、SNSで人が食べているものが気になるなど、コミュニケーションをとるのにスイーツはとても好都合

流行のポイントのひとつは「SNS映え」

この条件を満たす注目のスイーツは…

手作り菓子フォセットフィーユ・別府彩乃さん:
SNSで話題性のあるスイーツを探していて、見た目も華やかで「いいな」と思い作った

札幌市東区のスイーツ店「手作り菓子フォセットフィーユ」で、2021年秋から販売している話題のケーキが「ズコットケーキ」だ。

中にはたっぷりの生クリームと、オレンジ、イチゴ、キウイにゴールデンキウイ。色とりどりの果物が、ぎっしり詰まっている。

手作り菓子フォセットフィーユ・別府彩乃さん:
中がクリームとフルーツだけなので、クリームの固さはしっかり立てて崩れないように気を付けている

「ズコットケーキ」は、「マリトッツォ」と同じくイタリア発祥のスイーツ。

poroco・福崎里美統括編集長:
コロナ禍で最近海外に行けないので、今まで見たことがない海外のスイーツが日本に上陸するのがみんな気になる

「円形の筒」から生まれるスイーツも流行の予感

2022年に来そうな注目のスイーツ、2つ目はこちら。札幌市中央区に2021年11月オープンした菓子店「クルトシュ ビー」。

入り口には、ひときわ目を引く大きなオブジェが。ハンガリー発の伝統焼き菓子「クルトシュ」だ。

「円形の筒」という意味で筒状になっている。ひも状に伸ばした生地を木の棒に巻きつけて、香ばしく焼き上げたものだ。

クルトシュビー・店員:
生地をくるくると巻き付けている。ほぐして食べるのも楽しくておいしい

アレンジしたメニューも豊富で、「クルトシュ」をコーン代わりにしたソフトクリームや、ポテトサラダなどの総菜をあわせたものも。

クルトシュビー・店員:
プレーンは甘さ控えめなので、キーマカレーやポテトサラダなどにも合う。甘いものと総菜系のどちらにも対応できる

この種類の多さも、はやるポイントのひとつだという。

poroco・福崎里美統括編集長:
何回も食べたくなる。甘いものも総菜系もあるし、何回も通いたくなる要素がある

SNS映えする海外発の新感覚スイーツに注目だ。

(北海道文化放送)