“すぐ後ろ”にいた高校生が証言 列車内で「俺はコロナだ」実際に陽性だった20歳男…乗客らに金を無心
追跡ニュース 記者の目

“すぐ後ろ”にいた高校生が証言 列車内で「俺はコロナだ」実際に陽性だった20歳男…乗客らに金を無心

この記事の画像(9枚)

「お金がないので寄付を」乗客に断られいら立ち…

1月8日、JR東海道線の列車内で乗客に対し「俺はコロナだ」などと言いふらした男が、威力業務妨害の現行犯で逮捕された。

逮捕されたのは住居不詳・自称アルバイトの20歳の男で、その後のPCR検査の結果、陽性が判明した。容疑者の男は無症状で、感染していたことを認識していたかはわかっていない。

警察の調べに対しては「コロナのご時世だから隣に座ってほしくないと言っただけ」と容疑を否認している。

この電車に乗り合わせていた17歳の高校生から話を聞くことができた。

事件は愛知県のJR豊橋駅から岡崎駅に向かう東海道線の車内で起きた。目撃者の高校生は、容疑者の後ろの席に座っていたという。

高校生:
(容疑者は)前の席に足を伸ばしていて、隣が空席でそこにでかいバッグをのっけて、前の席にお土産袋を置いたりという感じで占領していました

その様子を高校生も不審に感じていたそうだ。そして…。

高校生:
「小倉まで帰りたいんですけど、お金がないので100円でもいいから寄付してもらえませんか」みたいなことを話しかけられたので、「ちょっとそういうのは…」って断ったんですけど

容疑者はこの高校生以外にも乗客に金を無心するも、断られ続けた。すると…。

高校生:
だんだん容疑者が怒ってきちゃったみたいな、みんなに聞こえるような声で舌打ちしたり、小魚とピーナッツのお菓子を(壁に)投げるみたいな感じで

そして…。

高校生:
確か、若い男の人に声をかけたときに、断った後、急に突っかかってきて。「俺はコロナだぞ」みたいな会話が出てきました。脅していましたね

「俺はコロナだぞ」と乗客を脅していたという容疑者。

高校生:
結構怖くて。「俺はコロナだぞ」って言った後、(岡崎の前で)一駅停まって、その時にみんな降りていく人が多い印象はありましたね

高校生はトイレに行くふりをして移動し、車掌に伝えた。

高校生:
岡崎駅で車掌さんが容疑者のところまで来て。会話が長かったので、業務放送で「駅員行きます」みたいな放送がかかりました。「駅員出動します」みたいな。男性3人で優先席を封じ込めるような形で立って、ちょっと降りましょうみたいな

電車から降ろされた容疑者はその後、駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。この事件の影響で、列車に15分の遅れが発生した。

コロナ陽性の容疑者 取り調べや留置場などで警察の苦労も

高校生は連休を利用して埼玉から四日市まで旅行していたが、その後、警察から電話があり、容疑者が新型コロナウイルスの陽性だったことを伝えられたという。

高校生:
警察から電話がかかってきたときはちょっとびっくりして。「容疑者が陽性だったので、濃厚接触者になる可能性があるため自宅待機してください」と

高校生は旅行を途中で切り上げ自宅に戻ることに。帰宅後は学校も休み、家族と接触しないようテープで境界線を引き、PCR検査の結果が出るまで自宅待機したという。そして1月14日、ようやく陰性とわかった。

高校生:
バイトも休まなくちゃいけなくなったりとか、結構痛いですね。コロナだとわかってたんだったら、もうちょっとおとなしくしていてほしかった。ちょっと許せないですね。予定していた旅費とかも全部返してもらいたいぐらい

もし、コロナの感染者が容疑者だった場合、警察はどのような対策をとっているのか。愛知県警に聞いた。

留置場は複数入れる部屋でも単独で使うようにして、取調室は陽性者と陰性者を区別して設けたり、パーティションで仕切ったりしている。留置場も含め、接するときはタイベック防護服を着て行っているとのこと。

こうした対策をすることで、思うように調べが進まないという苦労もあるという。

また、元埼玉県警の犯罪コメンテーター・佐々木成三さんによると、「各警察署で対応は若干異なるが、逮捕された場合、全員のコロナの検査を行うなど、各所で手間が増え業務に支障をきたしている。また、チームで動くことが多いため、一度感染者が出ると広まりやすく、感染対策はとにかく徹底している」ということだ。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
【独自証言】「俺はコロナだ」東海道線車内で現行犯逮捕 乗客に金を無心し…目撃者語る一部始終

【独自証言】「俺はコロナだ」東海道線車内で現行犯逮捕 乗客に金を無心し…目撃者語る一部始終

×