2021年12月28日以降の愛知県の10歳未満の感染者の推移から、第6波が来たとされている。1月1日、2日、3日とゼロが並んでいるが、1月7日は10人、8日は2倍以上となる26人になるなど増え続け、17日は93人と増加ペースが加速している。

要因として「年末の帰省などで感染が増えた親世代から、家庭内で子供たちに広がったのでは」という、愛知県の担当者の見方もある。

子供の感染が急増する中、早ければ3月以降始まるのが、これまで対象外としていた12歳未満、11歳から5歳の子供へのファイザー社製のワクチン接種だ。

ワクチンの効果については、約2300人が参加した海外の臨床試験で、5歳から11歳未満が2回目接種してから1週間以降の発症予防効果は90.7%とされている。

この記事の画像(4枚)

その一方で気になるのが、副反応だ。
アメリカのCDC(=疾病予防管理センター)によると、ほとんどが軽度から中等度としている。

しかし、治療が必要な副反応が出た子供が「約1%」あったと報告されている。この「約1%」という数字を多いと捉えるのか少ないと捉えるのかで、接種する・しないが分かれるところだ。

海外では、ファイザー社製のワクチン接種を行うアメリカ・カナダ・イスラエルでは推奨。フランス・ドイツでは、「基礎疾患を持つ子供」など対象者を限定して推奨している。

(東海テレビ)