岸田首相は新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、これまで対象外だった12歳未満の子どもについて「必要な手続きを経て、希望者に出来るだけ早く接種を始める」と述べた。

岸田首相は11日、首相官邸で記者団に対し「オミクロン株は若年層や子どもへの感染が多く見られる。12歳以上の若い方で、まだワクチン接種をしていない人は、是非接種をお願いしたい」と述べた。
さらに岸田首相は、これまでワクチン接種の対象となっていなかった12歳未満の子どもについて、「薬事など必要な手続きをへて、希望者に対してできるだけ早くワクチン接種を開始する」と述べた