東京消防庁によると、元日のきょう(15時現在)、もちをのどに詰まらせて男女6人が病院に搬送されたことが分かった。このうち女性が2人が死亡した。6人はいずれも80代以上。

亡くなった女性のうちの1人は88歳で、元日の朝、自宅で雑煮を食べている際、もちをのどに詰まらせて窒息、搬送先の病院で死亡が確認されたという。

東京消防庁は、もちは小さく切って、食べやすい大きさにする他、急がずに、ゆっくりかんで飲み込むよう呼びかけている。
(画像は救急車のイメージです)

記事 1242 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。