戦争や病気、さらにはいじめなど、様々な理由で学校に通えなかった人の学びの場となる「公立夜間中学校」の校歌が披露された。
手がけたのは、札幌市出身の人気歌手・半崎美子さん。校歌にどんな思いが込められているのだろうか。

札幌市出身で、一人一人に寄り添う歌を創り続ける歌手の半崎美子さん。17年の下積みを経てメジャーデビューし、「ショッピングモールの歌姫」といわれるほど、全国で歌を披露してきた。

この記事の画像(5枚)

「ショッピングモールの歌姫」手掛けた"夜間中学校の校歌"

半崎美子さん:
この校歌に、物語を綴る・紡ぐ・繋ぐ…そういったイメージを入れたいと思いました

今回新たに手掛けたのは、2022年4月に札幌で開校する北海道内初の公立夜間中学校、「星友館中学校」の校歌だ。
星友館は戦争や病気、さらにはいじめや不登校など、様々な理由で義務教育を受けることができなかった人の学びの場だ。

校歌:
寒さに磨かれる星よ、あの煌めき…

支えながら学びあう…校歌に込めた思い

半崎美子さん:
私はこの校歌が入学を希望される人や学校生活の中で、共に伴走する存在であったら…そんな風に願ってこの曲を書きました

様々な理由で学校に通えなかった、一人一人の物語に耳を傾けた歌手の半崎美子さん。支えながら学びあう。公立夜間中学の存在に学びの源流を感じたという。

入学を希望する人:
中学は半分くらいしか行ってないです。父が病気になり、その後に母が倒れて、小さい兄弟がいたから私が(家の)家事をして(学校に)行けなかった

入学を希望する人:
来年から、これ持って通うんだなと思いながら、夢を見ながら

入学を希望する人:
中学校で不登校なので、勉強ができてないのと勉強の仕方がわからない。公立の高校に行って卒業資格取って仕事をして、お金を稼いで声優になりたいです

4月の入学を希望する、10代から80代までの80人が願書を提出した。今後は希望する人の願書を随時受け付け、個別の対応をしていくとしている。

2022年春、半崎さんのこの校歌をみんなで、笑顔で歌える日まであと少しだ。

(北海道文化放送)

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1170