TSKとJALがコラボしてお届けしているニュース企画。今回の取材には、JALの客室乗務員でJALふるさと応援隊の杉田こころさんがあたり、島根・松江市東出雲町にある干し柿作りを体験した。

風に揺れるオレンジのカーテン

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
今回お邪魔したのは島根県松江市東出雲町です。450年以上前から続く、干し柿作りを体験してきました

この記事の画像(16枚)

松江市東出雲町畑地区。

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
すごく沢山なっていますね、何の品種ですか?

農家・藤本久江さん:
これは渋柿で、西条柿です。これがとってもおいしい干し柿になります

太陽の光を浴び、オレンジに輝く干し柿。それはまるでカーテンのよう。この時期ならではの光景。

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
すごいですね。本当にオレンジのカーテンが広がっていて。ここには何個くらいありますか?

農家・藤本久江さん:
いま、3,000個くらいですかね

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
3,000個。すごいですね。どれくらいの期間干すのですか?

農家・藤本久江さん:
1カ月間ですね

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
そうすると、どんどん渋柿が甘くなるんですね

ベテランの皮むきは1個わずか9秒

ここ畑地区で、450年以上続く干し柿作り。現在19戸の農家が携わっている。

こだわるのは安心と安全。栽培には除草剤を一切使わず、農薬や化学肥料の使用を大幅に減らしている。干し柿作りは全て手作業。

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
すごく速いですね、皮をむくのが。すべてこうして手作業でされているのですね

農家・藤原小枝子さん:
そうですね、朝から晩まで

藤原さんはこの道12年のベテラン。その速さはというと、1個あたり9秒。1分間で6個ほどの皮をむくことができる。

農家・藤原小枝子さん:
むいでみられませんか?

杉田こころさんも割烹着に着替えて、皮むきにチャレンジ。

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
大変ですね、下の方も剥くというのが

挑戦してみると、杉田さんが1個の皮をむくのに1分かかった。きれいに剥いた柿は10個ずつ紐で括りつけ干していく。

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
できました。でももう少し上で結んだほうが良かったですかね。結構、重たい

農家・藤本久江さん:
1日1,300個干します

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
1日に1,300個。大変ですね

日当たりがよく風通しの良い場所で約1カ月間干し、表面に白い果糖ができると干し柿のできあがりとなる。

農家・藤本久江さん:
今年はまだ作業中なので、去年のだけど食べてみてください

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
いただきます。すごく甘いです。渋柿だったとは思えないほど甘みが凝縮されています

農家・藤本久江さん:
少しでも干し柿作りを経験してもらって作り手の気持ち、そういうのが伝わると嬉しいですね。いざ、皮はぎ作業をすると頑張ろう、1つずついいものを作ろうという気持ちになります

干し柿は12月1日から出荷される予定。

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
干し柿づくりを体験し、全てが手作業で驚きました。みなさん簡単そうに作業されていましたが、実際に体験してみるとまさにプロの仕事だと実感しました

JAL客室乗務員・杉田こころさん:
柿を収穫して皮を剥いて、天候をみながら約1か月間干すなど、みんなで協力して手間暇をかけるからこそ、おいしい干し柿ができるのだと思いました

【取材後記】
TSKニュースイット!では、JAL・日本航空とTSKによるコラボ企画を2021年8月から月2回放送しています。
コロナ禍でJALが全国の各地域に客室乗務員を派遣し、地域貢献活動を展開している様子を取材したのがきっかけです。
特に出雲地方では、客室乗務員が地元観光協会とタッグを組み、出雲大社周辺を走る観光タクシーの案内役を務める業務にも取り組んでいます。
そうしたフットワークを生かしつつ、旬の話題をピックアップして客室乗務員と一緒に取材。普段県外にいるからこそ気づく、山陰の新たな魅力を発見してもらい、それをリポートしていただいています。

今回は島根・松江市の伝統「干し柿」を取材しましたが、自分自身は取材ディレクターとして客室乗務員の杉田さんのリポートなども演出。柿の皮むきや括り付けなど、地域に受け継がれてきた熟練の技を体験してもらいました。普段の業務とはまた違う表情を視聴者に見ていただくとともに、国の内外に赴き様々な経験を踏まえたコメントをしてもらえるように工夫しています。
TSKとJALのコラボ企画は始まって4か月ほどですが、今後も一緒に新鮮な視点で島根・鳥取の魅力の発見、発掘をしていきたいと思います。

(坂西 美香 TSKさんいん中央テレビ・アナウンサー)