少女2人とのわいせつ行為をスマホで撮影したとして、俳優の男が岐阜県警に逮捕された。男の逮捕のきっかけとなった「サイバーパトロール」について調べた。

児童ポルノや援助交際を誘う書き込み…“隠語”を手がかりに捜査

東京都の俳優の男(当時39歳)は2019年、長野県などのホテルで女子中学生や女子高校生とのみだらな行為を撮影しスマートフォンに保存した、児童ポルノ製造などの疑いで逮捕された。男はテレビドラマや映画にも出演していたとみられる。

容疑者の逮捕にあたっては、「サイバーパトロール」をしていた捜査員が児童ポルノを撮影した事実を確認し、容疑者のスマートフォンから動画が見つかり、逮捕に至ったとのこと。

この記事の画像(7枚)

サイバーパトロールとは、SNSで児童ポルノや援助交際を誘うなど、インターネット上にある有害な書き込みをチェックすること。情報提供を受けて闇サイトなどを調べることもある。

愛知県警では「サイバー犯罪対策課」という専門部署をはじめ、各警察署でもサイバーパトロールをしたり、特にネットに詳しい人を「スペシャリスト」として採用するなどしている。

捜査で手がかりとなるのは「隠語」だという。これについて、成蹊大学客員教授のITジャーナリスト、高橋暁子さんに伺った。

隠語は無数にあるそうだが、一例として、パパ活を表す「P活」や援助交際を表す「円募集」「援」「サポ」「円」などがある。

実際にツイッターでこういった隠語を検索してみると、少し検索しただけでもたくさん出てきた。

【投稿されたツイート】
男「どなたか今週か来週で、たくさん諭吉欲しい方いますか? #P活」
女「パパさがしてます 一緒においしいの食べたいです #P活」
男「パパになります #円募集」
女「親とケンカしちゃった…泊まる所探してます #サポ」

神奈川県警では中・高・大生など約800人がサイバーパトロールを実施

2021年には、元小学校の校長の男(60代)が児童買春・ポルノ禁止法違反などの容疑で逮捕されるという事件も起きた。

男はSNS上で「裏アカ女子」などといったハッシュタグを元に、若い男を装って女子中学生に近づき「相談に乗るよ」といった優しい言葉をかけ、親密な関係になると好意をにおわせて「裸の写真を送って」と要求した。

画像を入手すると、今度は別のアカウントで少女になりすまし、10人以上にそのわいせつ画像を販売したとみられている。

この事件もサイバーパトロールで発見され、逮捕に至った。

高橋さんによると、サイバーパトロールはパトロールする範囲が非常に広いため、神奈川県警では中学校・高校の生徒や大学生など約800人がボランティアとしてサイバーパトロールを行い、違法・有害な情報を警察に通報してもらっているという。

(東海テレビ)