秋篠宮家の長女・小室眞子さんは、きょう午前、婚姻届を提出し、夫・圭さんと正式に結婚した。小室夫妻は、午後2時から、都内のホテルで、記者会見を行った。

冒頭、夫妻は、息を合わせて「よろしく申し上げます」と述べて、着席した。その後、眞子さまが、結婚への思いについて触れ、「私にとって圭さんは、かけがえのない存在です。そして、私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と述べた。

この記事の画像(46枚)

その後、圭さんは、「私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、愛する人とともに過ごしたいと思っています。これまで幸せな時もそうでない時も、様々な気持ちを2人で分かち合い、励まし合ってきました」と述べた。

会見が行われているホテルでは、妹の佳子さまが、姉をサポートするため、別室で待機されている。当初、会見では、報道機関側から事前に提出されていた質問に、夫妻が口頭で答える予定だった。しかし、眞子さんの精神的負担を考慮し、質問には文書で回答することとなった。

今後、小室夫妻は、東京・渋谷区の渋谷区内のマンションに滞在し、アメリカでの新生活に向けて、準備を進める。