佐賀・武雄市の農園で、半年ほど前からヤギの“レンタル”が始まっている。
黙々と草を食べる習性を生かした草刈り代行サービスが予想以上の人気。除草剤を使わない、環境にも優しい‟ヤギの草刈り‟が注目を集めている。

草刈りの大変さがヤギで解消

川野優也アナウンサー:
ヤギがいました。地面に生えた草を一生懸命食べています。一心不乱といった感じです

この記事の画像(16枚)

武雄市若木町にある農園、「ファーム孫六」。半年ほど前からヤギのレンタルを始めている。

ファーム孫六・原口浩信さん:
(飼育の)手間はかからない。夏場はいっぱいエサがあるから

食欲旺盛、草ならほとんど食べるというヤギ。レンタルの依頼は、佐賀や福岡などから、これまでに約30件。「庭や斜面の草刈りをしてほしい」といった要望が多く、すでに15件ほどに貸し出した。

しかし、予想以上の人気で、ヤギが足りずにいまは順番待ちの状態。

ファーム孫六・原口浩信さん:
除草などで困っている人がいたら、何らかの手助けにと思っている。意外だった。こんなに問い合わせがあるとは思わなかった

料金は、1頭あたり1日100円。1年間なら3万円。1頭では寂しがって鳴くことが多いため、2頭以上でレンタルしている。

こちらは、4月からヤギを借りている男性。所有する梅林の草刈りに助かっているという。

ヤギをレンタルした人:
坂も急だし、草刈り機を使うのが大変だった。年間3~4回刈らないといけない。夏の暑い日は朝早くから来て刈っていたが、しなくていいようになって大分楽になった

元々は3頭をレンタルしていたが、この場所で子ヤギが生まれ現在は6頭が活躍している。

広大な土地を持つ企業もレンタル

一方、ヤギの力を借りているのは個人だけではない。

川野優也アナウンサー:
ヤギのレンタルは大手企業も活用しています。ここは鉄道の高架下ですが、この場所でもヤギが伸びた草を食べています

フェンスの内側に2頭のヤギ。JR九州は、武雄温泉駅の高架下に8月からヤギを放している。

JR九州 長崎鉄道事業部 佐世保工務センター・安部和俊さん:
ヤギさんは黙々と草を食べてくれるところが一番。もう一つが、ヤギの糞のにおいや鳴き声がそれほど気にならない。こういう街中でも、ヤギを飼って除草できる点に魅力を感じている

草を食べる前後を比べると、違いは一目瞭然。周辺の景観や環境を守っている。世話で必要なのは定期的に水を替えるだけで、手間はほとんどかからない。

人懐っこい性格のヤギは、地域住民の癒しにもなっている。

このほか、九州電力もヤギを活用している。唐津市にある天山発電所では、すでに5カ月ほどレンタル。除草する場所が広いため、今後、ヤギを増やすことも検討している。

様々な場所で需要が広がるヤギの除草。草刈り機や除草剤を使わないため、環境にも優しい取り組み。

ファーム孫六・原口浩信さん:
役に立てたらいい。どんな形でも。需要がある限りはヤギを増やしていく

(サガテレビ)