新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、10月からインフルエンザの予防接種が始まっている。
新型コロナワクチンとの接種間隔など、気になる疑問を医師に聞いた。

接種間隔は? 12歳の子供は少し複雑に

岡山市北区の青山こどもクリニックでは、10月からインフルエンザの予防接種が始まり、親子連れが訪れている。

青山こどもクリニック(岡山市北区)
この記事の画像(11枚)

青山こどもクリニック・青山興司院長:
2021年のインフルエンザワクチン接種は、コロナとの関係があるので、よく計画を立ててする必要がある

青山こどもクリニック・青山興司院長

現在接種が進んでいる新型コロナワクチンは、12歳以上が対象となっている。
これからインフルエンザの予防接種を受けるとなると、新型コロナワクチンの2回目の接種が終わって、2週間の期間を空けなければならない。

しかも、12歳以下の子供のインフルエンザワクチンは、2回の接種が必要だ。

青山こどもクリニック・青山興司院長:
12歳の子供は、ちょっと複雑になる

青山こどもクリニック・青山興司院長:
コロナの予防接種をすれば、3週間空けないといけない。今度はインフルエンザの予防接種をすると、2週間空ける。その次に2回目のインフルエンザを接種すると、1カ月空けなければならない。そうすると9週間かかる

12歳の子供の予防接種は9週間かかることに

インフルエンザワクチンの供給に遅れ

さらに、インフルエンザワクチンの供給にも新型コロナの影響が及んでいる。

インフルワクチンの供給に新型コロナの影響が

青山こどもクリニック・青山興司院長:
2020年は大量に入ったが、2021年は、新型コロナのワクチンの製造過程(の影響)などがあるかもしれないが、インフルエンザ予防接種のワクチン供給量が減っている

厚生労働省によると、2020年10月下旬までに出荷されたワクチンの量は全体の約90%だった。
2021年は、10月下旬で約65%にとどまる見込みで、供給の遅れが生じている。
新型コロナワクチンの製造を優先し、資材が不足していることが原因だ。

新型コロナに感染する子供が増えていることから、青山院長は、インフルエンザのワクチンを接種することで、症状が似ている新型コロナとインフルエンザの判断がしやすくなると指摘する。

青山こどもクリニック・青山興司院長:
コロナかインフルエンザかを区別することは難しい。インフルエンザの予防接種をしていれば、ある程度(判断材料になる)

これから懸念されるインフルエンザの流行。早めの対策が求められそうだ。

(岡山放送)