通販開始が“第1波”と偶然重なる…「冷凍ぷりんソフト」客激減した店の窮地救う 最大2カ月待ちの人気に
withコロナ時代の地元ビジネス

通販開始が“第1波”と偶然重なる…「冷凍ぷりんソフト」客激減した店の窮地救う 最大2カ月待ちの人気に

東海テレビ
東海テレビ
国内
この記事の画像(8枚)

SNSでも話題 プリンとソフトクリームが同時に楽しめる「ぷりんソフト」

三重県伊勢市のおはらい町に、地元の乳製品メーカーが運営する店がある。この店は2020年、コロナの影響で売上が激減したが、たまたまはじめた看板商品「ぷりんソフト」の通販がピンチを救った。

伊勢神宮の参道のおはらい町に店を構える「山村みるくがっこう」。地元の乳製品メーカー「山村乳業」が手掛けるお店だ。

この店の名物が、暑い時期にぴったりの「山村ぷりんソフト」(400円)。プリンの上に、自慢の牛乳をふんだんに使った濃厚なソフトクリームが乗っている。

女性客:
めっちゃおいしい。濃厚でおいしいです

味はもちろんインパクトのある見た目からSNSでも話題になり、伊勢で人気の食べ歩きメニューになった。

最大2カ月待ちの大ヒット 自宅で楽しめる通販限定「冷凍ぷりんソフト」

新型コロナの影響で、2020年は伊勢神宮を訪れる参拝客は大きく減り、店の売上も激減した。ピンチを救ったのが、このぷりんソフトを冷凍配送する通販限定の「山村冷凍ぷりんソフト」だった(4個セット1680円 ※送料別・通信販売のみ)。

配送でソフトクリームが崩れないようにコーンでフタがされた「冷凍ぷりんソフト」は、今も約1カ月半から2カ月待ちの人気商品だ(2021年8月17日現在)。

商品は偶然が重なりヒット。2020年春、伊勢に来られない人にも「ぷりんソフト」を楽しんでもらいたいと始めた通販が新型コロナの第1波と重なり、おうち時間を楽しむスイーツとして注目を浴びた。

店の窮地を救ったプリンとソフトクリームを一度に楽しめる「ぷりんソフト」は、伊勢自慢のスイーツだ。

(東海テレビ)

三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

寅年に活気づく「とら醤油」 売り上げ低下する中、地元特産品使…

寅年に活気づく「とら醤油」 売り上げ低下する中、地元特産品使…

話題
1分20円飲み放題「ふんべろ」…居酒屋が新サービス 感染急拡大…

1分20円飲み放題「ふんべろ」…居酒屋が新サービス 感染急拡大…

話題
「素晴らしいクオリティ」高校生が生産したハチミツ ショコラの…

「素晴らしいクオリティ」高校生が生産したハチミツ ショコラの…

話題
「僕はお笑いに救われた」放送作家キャンヒロユキ 

「僕はお笑いに救われた」放送作家キャンヒロユキ "ネタの販売…

話題
伝統工芸「博多水引」に

伝統工芸「博多水引」に"新しい形”生み出す女性職人 需要減る…

地域
樹齢100年超、木目の美しい「百年木材」 需要減でも魅力伝えた…

樹齢100年超、木目の美しい「百年木材」 需要減でも魅力伝えた…

地域
一覧ページへ
×