定年後も働きたいと考えている人が6割以上いることがわかった。

日本生命保険が実施した「セカンドライフ」に関するアンケート調査によると、「定年後も仕事を続けたい」と答えた人は全世代で62.9%に上った。

年齢が高い人ほど「現在の仕事を続けたい」と答えた一方、「働かず違うことがしたい」と
答えたのは若い世代ほど多く、20代以下では45.2%だった。

一方、ゆとりあるセカンドライフに必要だと思う夫婦の生活費は、月額平均で29.3万円と現在の生活費より4.5万円高いことがわかった。

また、セカンドライフが始まるまでに貯めておきたい金額の平均は3622万円と、昨年度と比べて589万円増えた。