ピアニストが曲名を推理「音楽の香水」ってどんな香り? クラシックを聞かせ育てる米も…“音楽の街”浜松の挑戦
withコロナ時代の地元ビジネス

ピアニストが曲名を推理「音楽の香水」ってどんな香り? クラシックを聞かせ育てる米も…“音楽の街”浜松の挑戦

テレビ静岡
テレビ静岡
国内

楽器産業が盛んな音楽の街・静岡県浜松市でいま、音楽に関連したユニークな取り組みが進められている。気候の変化やコロナ禍など、逆境に負けない企業のアイデアを取材した。

農作物に音楽をきかせて栄養価もアップ!?

原崎瞳記者:
浜松市西区の水田に来ています。どこからかクラッシック音楽が聞こえるんですが…あっ、ドローンが稲穂の上を飛んでいます

水田の上をゆっくり飛んでいくドローン。一体なにをしているのだろうか?

水田を飛ぶドローンから聞こえてくるのはモーツァルト
この記事の画像(13枚)

じゅんちゃんファーム・宮本純さん:
「音響栽培」を展開している田んぼになります

農家の宮本さんが始めた「音響栽培」。災害時の広報無線などで利用されるスピーカーの付いたドローンから、約13ヘクタールの水田に向けてモーツァルトの音楽を流している。

じゅんちゃんファーム・宮本純さん:
私、実は3年前にド素人で農業をはじめまして

「音響栽培」を始めたじゅんちゃんファームの宮本純さん

宮本さんは3年前に勤めていた運送会社を辞めて脱サラし、父親の水田を継ぐかたちで農業を始めた。しかし、2020年はコメが大不作に。

浜松が国内最高気温の41.1℃を記録した猛暑による品質の悪化や、害虫の記録的な大発生に見舞われた影響だった。

じゅんちゃんファーム・宮本純さん:
特徴のある商品を打ち出すことによって、商品価値を高めていってブランディングしていこうと。楽器産業が大変盛んな浜松市の特徴を生かして、商品の差別化を図る

農作物に音楽をきかせるためのスピーカー

試行錯誤のなかで生まれた音響栽培。もみの段階から苗を育てる際も音楽を聞かせた。

実は宮本さん、2020年から音響栽培で育てた小松菜も販売していて、普通に育てた小松菜より鉄分が3.45倍、ビタミンCは1.41倍に育ったという。

音響栽培で育てた小松菜は鉄分やビタミンがアップ

じゅんちゃんファーム・宮本純さん
非常に苦みが少なくて、高い評価を頂いています。(お米も)日本全国はもちろん世界中の皆さまに、ユニークなジャパニーズライスとしてご賞味いただければなと思っています

「踊ら米か(おどらまいか)」と名付けられた米は9月上旬に収穫し、9月中には市場に出回る予定だ。音楽の効果で、いったいどんな味に仕上がるのだろうか。

「踊ら米か」オープン価格 店頭販売例 5kg2200円予定

音響栽培の効果について、日本工業大学の平栗健史教授は「農作物に対する音楽の効果は現在、科学的に実証されていないが、高周波が発育に影響を与えたという研究例や効果を実感する農家の報告はある」としている。

元サラリーマンの宮本さんだからこそのコスト意識やアイデア意識も相まって、新商品が生まれたと言えそうだ。

音響栽培について日本工業大学の平栗健史教授の見解

クラシック音楽をイメージした3種の「香水」

音楽の街・浜松では、他にもこんな取り組みが行われている。クラッシックの楽曲をイメージして作った3種類の「音楽の香り」。

アオイ楽器店・川上嘉将社長:
2020年の1回目の緊急事態宣言のときに音楽教室もストップしてしまい、そのなかで何ができるんだろうと

「音楽の香り」オープン価格 店頭販売例 5280円

新型コロナの影響で自粛が続くなか、インターネットでは伝わらない魅力、音楽の街ならではのオリジナル性をいかせないかと模索し、この商品が生まれた。

アオイ楽器店・川上嘉将社長:
トップ・ミドル・ラストと香りが変わっていくのが、音楽も変わっていくので、そういった芸術性が近いかなと

箱の側面のバーコードはグランドピアノの形に、商品のボトルのキャップはピアノの鍵盤に見立てているそう。

香水を企画したのは楽器店

一体どんな香りがするのか?浜松を拠点に活動するピアニストの鈴木絢子さんが、調査に協力してくれた。

まずは曲名を伏せて、香水を嗅いでもらった。

ピアニストの鈴木絢子さん

ピアニスト・鈴木絢子さん:
爽やかな感じの香りがします。すごく明るい感じがするので…ドビュッシーの「喜びの島」とか?

正解は、バッハの「G線上のアリア」。みずみずしい透明感をイメージした香りに仕上げている。

バッハの「G線上のアリア」をイメージした香水

続いては…  

ピアニスト・鈴木絢子さん:
最初からお花っぽいような、ふんわりした香りが感じられます。素敵な女の子が似合いそうだから、「エリーゼのために」とかかなあ

答えは…鈴木さん正解!ベートーヴェンの「エリーゼのために」だった。 

ピアニスト・鈴木絢子さん:
「エリーゼのために」は、短調で少し物悲しいような感じもすると思うんです。もしかしたらエリーゼさんというのは、こういう香りの似合う女の子だったのかもしれないなと思いました

見事「エリーゼのために」を当てた鈴木さん

ほかにもバニラなど懐かしい温かみを感じる香りを重ね、ショパンの幻想即興曲をイメージした一品がある。

 ピアニスト・鈴木絢子さん:
(弾くときに)視覚でイメージすることは、よくするんですけど、香りでというのは私はあまりしたことがなかったので、素敵だなと思いました 

アオイ楽器店・川上嘉将社長: 
音楽を香りで表現しているのも、さすが浜松だねと思ってくれたらそれは嬉しいので、「浜松銘香(めいか)」になってくれたらいいなと思っています

浜松“銘菓”ならぬ“銘香”をねらうアオイ楽器店・川上嘉将社長

逆境に負けず試行錯誤を続ける、音楽の街の新たな挑戦に今後も注目だ。

(テレビ静岡)

静岡県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

「宮崎は手羽先もおいしいと広まって」都城市の逸品が日本一の手…

「宮崎は手羽先もおいしいと広まって」都城市の逸品が日本一の手…

話題

"1泊1人2800円”札幌市民限定で半額…コロナ禍のターゲットは「…

国内
「漁具倉庫」や「温泉付き社員寮」…地方の使われない建物が次々…

「漁具倉庫」や「温泉付き社員寮」…地方の使われない建物が次々…

話題
「牛のおっぱいから飲んでるくらい新鮮」

「牛のおっぱいから飲んでるくらい新鮮」"三つ星”ブランド牛乳…

話題
コーヒー飲んで仮眠…話題の休憩法「コーヒーナップ」 専門店で…

コーヒー飲んで仮眠…話題の休憩法「コーヒーナップ」 専門店で…

ビジネス
九州の超有名アイス「ブラックモンブラン」が自宅で作れる…チョ…

九州の超有名アイス「ブラックモンブラン」が自宅で作れる…チョ…

話題
一覧ページへ
×