元気に泳ぐのは…頭が2つのカメ

佐賀市で見つかった1匹のカメ。なんと頭が2つある。
専門家は、「日本では聞いたことがない」と話している。

川野優也アナウンサー:
水槽の中にいます。確かに、1つの甲羅に2つ頭があります。元気に泳いでいますね

水槽を泳ぐ頭が2つのカメ
この記事の画像(11枚)

保護されていたのは、頭が2つのクサガメ。5月、佐賀市でバイクの整備店を営む男性が、店の裏で見つけた。

カメを見つけた黒木和久さん:
ここにひっくり返っていて、カメだと思って普通に持った。「死んでるのかな?」と思って。頭が2個あったので、「あれ?」って

カメを見つけた黒木和久さん

体長3.5cmほどのまだ子どものカメ。右よりも左の方が食欲旺盛で、右の頭を押しのけるようにして餌を食べる。

左の頭の方が食欲旺盛な様子

カメを見つけた黒木和久さん:
めちゃくちゃかわいいですね。自分たちで育てられるとこまで、何年生きるか分からないけど、一緒に生活していこうかなと

専門家「日本では聞いたことがないぐらい珍しい」

では、なぜ頭が2つあるのか?
5月に横浜市で脱走したニシキヘビを捕獲したことで話題となった爬虫(はちゅう)類の専門家は…

“脱走したニシキヘビ”を捕獲した白輪剛史さん

日本爬虫類両生類協会・白輪剛史理事長:
1つの卵の中に胚(個体)が2匹分入っていて、それが結合して1つの体になった。突然変異ということ

日本爬虫類両生類協会・白輪剛史理事長:
2つの頭が、内臓器官は共有している。日本では、本当に聞いたことがないぐらい珍しい

日本爬虫類両生類協会・白輪剛史理事長

一方、頭が2つあることで動きがぎこちなくなり、自然界ではカラスなどの天敵に襲われる可能性が高いと指摘する。

日本爬虫類両生類協会・白輪剛史理事長:
(自然界では)高い確率で生き残ることはない

日本爬虫類両生類協会・白輪剛史理事長:
そのままお世話をして大きくなるのを見守るのが、一番ではないかと思う

(サガテレビ)