「聞きコミ PRIME online」ではユーザーの皆様からの情報提供をお待ちしています。

今回のテーマは「現代の貧困」

格差社会が広がる中で、日本の「貧困」についての情報を募集します。

「子供の貧困」、「高齢者の貧困」など様々なケースの貧困問題がありますが、国の生活水準や文化水準を下回る「相対的貧困」の実体は見えづらいとも言われ、子供の約7人に1人とされています。
生活は苦しいけれど、私は貧困なのか?もっと大変な人もいるだろうから歯を食いしばって我慢しなければならないのか?実際に悩んでいる方もいると思います。

実体験や周囲の気になる家庭などの情報や疑問をお寄せいただき、現代の貧困の課題や困ったときに受けられる支援サービスなどについて特集します。ご協力宜しくお願い致します。


・生活がギリギリで、子供に食事を与えるために、自分は1日1食の生活をしている。貯金もできず不安がつきない。
・病気がちであまり働けず、夫の収入も手取り20万円ほどで、貯金を切り崩しながら生活をしている。
・学校に行っている時間以外は、家族の介護やケアに追われてしまっている。自由な時間がないが、他に世話できる人もいないので仕方ないのだろうか。
・50代の息子を年金で養っている。今も生活は厳しいが、息子の行く末がもっと心配だ。
・コロナ禍でバイトがなくなり、大学を中退せざるを得なかった。

※入力された内容は記事で紹介させて頂くことがございます。
※改めて取材をさせて頂く場合もございます。