レシピは譲り受けられずイチから…昭和生まれの駄菓子「ポテトスナック」突然の生産中止からの「復活秘話」
withコロナ時代の地元ビジネス

レシピは譲り受けられずイチから…昭和生まれの駄菓子「ポテトスナック」突然の生産中止からの「復活秘話」

東海テレビ
東海テレビ
暮らし

駄菓子メーカー多い東海地方…きっかけは結婚式の「菓子まき文化」

この記事の画像(20枚)

昭和の時代から続く、懐かしの「駄菓子」の多くは東海地方で作られている。

中でも、昭和63年に誕生し、ロングセラーとなっているのが「ポテトスナック」だ。
当初は愛知・安城市のメーカーが製造していたが、数年前に製造を中止。

生産中止を惜しんだ愛知・西尾市の別メーカーが、生産設備の一部を受け継ぎ、多くの人たちに愛される「ポテトスナック」を復活させた。

昔なつかしい駄菓子…。細長い形が特徴的なポン菓子「人参」や、ヨーグルト風味の「ヨーグル」は、共に愛知・豊橋市のメーカーが製造している。

もはや駄菓子の域を脱した感もある「ベビースターラーメン」は、三重・津市、「ヤングドーナツ」は岐阜・各務原市と、東海地方では多くの駄菓子が作られている。

中でも、目立つのが名古屋市西区。「クッピーラムネ」は、名古屋市西区のカクダイ製菓が、お馴染みの「花串カステラ」や「フルーツの森」も名古屋市西区の明道町で作られている。

名古屋は、結婚式の「菓子まき文化」に代表されるように、昔から駄菓子と深い繋がりがある。昭和の中頃に、西区には中京玩具菓子問屋市場が出来た。

100軒ほどが軒を連ねるほど活気があり、その問屋に商品を卸している駄菓子のメーカーが自然と、その周辺に集まってきた経緯があるそうだ。

独特のサクサク食感が特徴…隠れたベストセラー「ポテトスナック」

そんな中、東海地方が生んだ“隠れたベストセラー駄菓子”が「ポテトスナック」だ。

女性:
友達と駄菓子屋さんに行って買っていた記憶が

男性:
このサクッとした感じ。よく食べていました

独特のサクサク食感が特徴のポテトスナック。昭和に生まれ、平成、令和と時代を超え愛されてきたロングセラー商品だが、数年前に製造していた会社が突如販売を中止。

現在販売されているポテトスナックは、無くなるのを惜しんで製造を受け継いだ同じ愛知県の企業が製造している。

現在は三重で製造…安城のメーカーから引き継いだポテトスナック

現在ポテトスナックを製造している、愛知・西尾市に本社を置く「かとう製菓」の三重工場へ。

そこでは、たこ焼き風味に明太子風味、わさび風味など全部で11種類のポテトスナックが製造されていた。

作る枚数は1日10万枚。小麦粉に水や卵などを混ぜた、特製の液体で衣をつけてコーティングし、180度の油で揚げて味付けパウダーにまぶしたら完成だ。

当初ポテトスナックを作っていたのは、愛知・安城市のメーカーだったが、材料費の高騰などから8年前、製造を中止。
それを知った「かとう製菓」は、地元で愛されてきた菓子をなんとか守りたいと、製造を引き継ぐことを決めた。

せんべいを主力とする「かとう製菓」は、ポテトスナックがせんべいと形も同じで製法も近いことから、自分たちでも作れるはずと思っていたが、待っていたのは様々な困難だった。

レシピは譲り受けられず…うまく焼けないポテトスナック

機械を引き継いだはずだった「かとう製菓」。ポテトスナックには、主に生地を焼く機械と、揚げる機械の2種類が必要だが、手違いで片方しか譲り受けることができなかった。

譲ってもらえなかった生地を焼く機械の設備にかかる費用は、数千万円。「かとう製菓」は、3年かけてせんべいの売上を蓄えて資金を調達し、何とか導入した。
ところが…

かとう製菓の担当者:
前、作っていた会社からレシピをいただく事できなかった…

社外秘ということでレシピは譲り受けられず、イチから味の再現をすることになった。せんべい作りのノウハウがあれば簡単に作れそうにも思えるが、スナックとせんべいは全く勝手が違っていた。

同・担当者:
ポテトスナックの元は液体なんですね。エビせんべいの元は粉。液体と粉で全く違う

理由は原料の違い。せんべいの主な原料は小麦粉のため鉄板にくっつくことなく、スムーズに焼く事ができるが、ポテトスナックの原料は小麦粉とデンプンを合わせた液体。そのため普通に焼くと、鉄板にくっついてしまうのだ。

一番の特徴であるサクサク食感を出すためには、薄く延ばして焼くことが重要だが、うまくいかなかった。レシピ無しでの商品化は不可能なのか。
そんな時に思いついたのが…

かとう製菓の相談役:
お好みを焼く場合も張り付きやすいんですね。それを防ぐために油を(鉄板に)塗るんですよ

お好み焼きに使う鉄板を見て、せんべいの鉄板に油を何度も塗って馴染ませることで、張り付きを防ぐことができないかと考えた。毎日塗り続けた結果、1か月ほどで鉄板が油でコーティングされ、生地が貼り付かない状態に。あの薄くてサクサクとした独特の食感を再現することに成功した。

コロナ禍で主力のせんべいが低調に…ポテトスナックは会社を支える柱に

ピンチに見舞われながらも何とか作り上げたポテトスナック。ファンから手紙も届いた。

(ファンからの激励の手紙)
「ポテトスナックを応援している私も嬉しいです。頑張ってください」

コロナ禍でおみやげ用のエビせんべいが不調に陥っている中、ポテトチップスは「かとう製菓」を支える主力商品になった。

アイデアと努力で見事復活させたポテトスナックは、今もたくさんの人に愛され続けている。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

withコロナ時代の地元ビジネスの他の記事

"生理中のストレス”減らす「吸水ショーツ」開発 "我慢して当た…

話題
「大谷」さん「翔平」さんは半額、「大谷翔平」さんならタダ…ラ…

「大谷」さん「翔平」さんは半額、「大谷翔平」さんならタダ…ラ…

話題
映画「フラ・フラダンス」制作現場の裏側 いわき市が舞台のアニ…

映画「フラ・フラダンス」制作現場の裏側 いわき市が舞台のアニ…

話題
「シルクパウダー」 をプリン作りに…伝統の養蚕担う青年 新商…

「シルクパウダー」 をプリン作りに…伝統の養蚕担う青年 新商…

地域
「つくねをパンに」無茶ぶりでも作る…毎日70種類並ぶ人気ベーカ…

「つくねをパンに」無茶ぶりでも作る…毎日70種類並ぶ人気ベーカ…

話題
アフリカの日常食「バオバブ」からスイーツ開発  セネガルの貧…

アフリカの日常食「バオバブ」からスイーツ開発  セネガルの貧…

話題
一覧ページへ
×