飲食店やデパートは一律午後8時まで…「お酒」の提供は無し

愛知県では5月12日から「緊急事態宣言」が発令される。

4月20日から5月11日までの日程で「まん延防止措置」が適用され、名古屋市を対象区域として飲食店への時短要請が出されていたが、5月6日 大村知事は「まん延防止」の期間延長を国に要請し、さらに尾張地域25の市町村を追加する考えを示していた。

しかし、夜になって事態が一変。政府が5月12日から5月31日まで「緊急事態宣言」の対象に愛知県を加える方針を固めた。

大村知事も西村担当相と電話で協議を重ねていたことを明かし、「医療体制がひっ迫している状況を踏まえた」と説明している。

現在の「まん延防止措置」から生活はどう変わるのか…。

まん延防止措置では、名古屋市で午後8時まで、その他の市町村にも午後9時までの時短を要請していたが、宣言後は「県内全域で午後8時まで」となる。

この記事の画像(2枚)

その上で「酒類の提供をやめるよう要請」、時間に限らずお店では酒を出さないでという厳しいものだ。

また、デパートなど大型の商業施設に対しても、午後8時までの時短を要請。

さらに、スポーツ観戦やコンサートなど大規模イベントでは、変わらず収容数の50%以下か最大5000人とし「無観客」にはならない。

(東海テレビ)