アップル社から「AirTag」が発売 実力は?

4月30日アップル社から注目の新商品が発売された。500円玉より一回り大きなサイズの「AirTag(エアタグ)」。この小さな機械で探し物や忘れ物がなくなるかも知れない。

「AirTag」
この記事の画像(9枚)

東京・銀座のアップルストアで、訪れた人たちが熱心に見ていたものを聞いてみると…

女性客
AirTag(エアタグ)です。AirTag…

と購入したばかりの新商品を見せてくれた。

アップルが発売した新商品「AirTag」。一見するとボタンのような形の商品だが、これを鍵や財布など身の回りのものにつけておけば、iPhoneなどと連動して探し物の手伝いをしてくれるというもの。

小澤陽子アナウンサー
思ったよりはちょっと大きめなんですけれども、大きさの割にとても軽いです

AirTagは直径約3cmと500円玉より少し大きいサイズで重さは11g。価格は一つ3800円、4個入りで1万2800円となっている。

購入した人に、その使い方を聞いてみると…

男性客
車とか大きいホールだと、どこに自分の車が停められているかわからないので、そういう所に活用できるかなと思いまして…

財布・カバン・鍵といった身近なもの以外にも、さまざまな方法で探し物したいという人もいた。

番組でも小澤陽子アナウンサーがAirTagを付けておいた鍵を探してみると…

iPhoneでAirTagに接続すると画面に矢印と距離が現れる。その方向に進んでいくと取材時に乗ってきた車の方を指しているようだ。

車のドアを開けると画面には「ここ」と表示され、座席にAirTagをつけた鍵が落ちているのが見つかった。

もし捜し物が近くにない場合は、世界中にあるiPhoneやiPadなどによる探すネットワークを活用して、位置情報を持ち主に通知してくれる仕組み。

この時、出される信号は暗号化されるため、プライバシーは守られた状態で探すことができるという。

中には忘れ物ではなくて、こんな使い方を考えている人も…

40代女性
子供と一緒に出かけているとバラバラになることもあると思うので、そういう(迷子になった)時に見つけられるのはいいですね

子供が迷子になっても、すぐに探せるのでは?というのだ。

しかし、アップル社では「人やペットにつけるものではない」と説明している。

(イット!4月30日放送より)