東京五輪目指し高校生と一緒に続けてきた練習…日本代表の主将務める23歳の女子ボクサー

2012年のロンドン五輪では、村田諒太選手が48年ぶりの金メダルを獲得した。アマチュアボクシングの最高峰の舞台は「オリンピック」だ。

愛知・みよし市の女子ボクシング・ウエルター級の鬼頭茉衣選手は、その夢の舞台である東京オリンピックを目指し、高校生たちと一緒に練習に励んできた。

ところが、コロナ禍を理由に、IOCは2月に突然のオリンピックの最終予選の中止を決定。突如、オリンピックへの道が断たれ、鬼頭選手は一時目標を失ったが、今では次の目標に向け練習を再開している。

この記事の画像(15枚)

中京大学大学院2年・女子ボクシング・ウエルター級の鬼頭茉衣選手(23)は、愛知県立三好高校で高校生と一緒に練習に励んでいる。

前に出て攻めるのが持ち味の鬼頭選手の得意技は、強烈な「ボディフック」。大学1年からボクシングを始めると、翌年には全日本選手権で優勝し、今では日本代表チームのキャプテンも務めている。

鬼頭選手は、三好高校ボクシング部顧問の豊田大先生(30)に指導を仰ぎながら、二人三脚で東京オリンピック出場を目指していた。1年前(2020年)、東京オリンピックへの想いを話していた鬼頭選手。

鬼頭選手(2020年):
今はメラメラさせながら絶対に(オリンピックを)決めるぞと、夢見てやっています、毎日

東京オリンピックの日本の女子ボクシングは、既に6選手が開催国枠やアジア・オセアニア予選を勝ち抜き、出場権を獲得している。

一方、鬼頭選手は、2021年6月にフランス・パリで開催される最終予選で世界の強豪と、出場をかけて争うことになっていた。

打っているパンチは何のため…突然の最終予選中止で断たれた東京五輪への夢

しかし、2月15日。IOCの特別チームは、新型コロナの感染拡大を受けて、東京オリンピック最終予選の中止を決定。鬼頭選手の夢は、突如断たれた。

鬼頭選手:
絶望ですね。終わった、それに尽きます。シャドウしても泣けてくるんですよ

鬼頭選手は、「何のために打っているパンチなんだろう」と練習にならなかった。出場できない事が決まってしまった東京オリンピック。あまりに突然の宣告に、気持ちの整理がつかず、豊田先生を前に「東京オリンピックがあるかないかは、もうどうでもいい」と発言していた。

鬼頭選手:
豊田先生は「それは違う」と。「もし無くなったら、同じように思う奴が増えるから俺はやってほしい」って言ったんですよ。自分が情けなくて

豊田先生も学生時代、2012年のロンドンオリンピック代表の強化指定選手に選ばれていたが、出場はできなかった。自分では叶えられなかったオリンピック出場の夢。それを託したのが鬼頭選手だった。

豊田先生:
鬼頭自身の夢は、自分にとっての夢の舞台でもあったので悲しいです。とにかく前向きに取り組めるように言葉をかけた感じです

目標は3年後のパリ五輪…インターハイ中止となった後輩たちと次なる舞台に向け「再始動」

オリンピックという目標がなくなり、落ち込んだ鬼頭選手だったが、今では激しい練習を再開している。

鬼頭選手:
ずっと100のスピードで走り続けて、「はい、中止になりました。じゃあもうやめます」とはならなくて…

鬼頭選手のオリンピックにかける思いは大きく、目標を3年後のパリに切り替えられるようになった。鬼頭選手と一緒に練習してきた高校生たちも、コロナでインターハイや国体が中止に。そんな高校生たちに声をかける豊田先生。

豊田先生:
鬼頭さんも前向いてやっている。そういうところを勉強しながら、感じながらやって欲しい

三好高校ボクシング部の主将:
気持ちが強い選手で、こっちも引っ張られる存在です。不安の中でやっていたんですけど、鬼頭さんがいたから頑張ることができた

三好高校ボクシング部の部員:
入学してから一緒にいる先輩なので…。パリオリンピックに向けて、自分が鬼頭さんを超えられるようにやっていきたい

鬼頭選手は、高校生の支えとなっていた。

豊田先生:
(鬼頭選手や高校生たちに)正しい言葉がけができているかは分かりません。ただ、本当に後悔のない選択をしてほしい

鬼頭選手は、厳しい現実を突き付けられた今、取材に応じてくれた理由を「この取材をスタートにしようと。オリンピックに出場しメダルが取れた時に、この取材の映像を“ここから始まったんだ”と思い返したい」と話す。次の夢の舞台に向け、鬼頭選手は再び動き始めた。

(東海テレビ)