3月24日からスウェーデン・ストックホルムで開催される世界フィギュアスケート選手権2021。

2020年の世界選手権は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、今年は無観客にて行われる。

2019年、悔しさを味わった坂本花織選手、宮原知子選手。リベンジに燃える2人の、世界選手権への思いを追った。

一から体を鍛え直して

平昌オリンピック6位の坂本選手。高さのあるダイナミックなジャンプとジャッジもたじろぐスピードに乗った大迫力のスケーティングが持ち味だ。

そんな坂本選手にとって、世界選手権は忘れられない記憶だという。

この記事の画像(5枚)

「悔しいというか、情けないというか」と坂本選手が振り返るのは、2019年の世界選手権。「(観客の)『うわ~』って声がいまだに忘れられない」と話すように、つかみかけたメダルを逃し、失意の5位に。

そこで2020年は自らを見直した。コロナ禍でリンクに立てない時間を使い、一から体を鍛え直すことを選択。

「みんな同じ状況だから、戻ったときにどれだけ差をつけられるか、トレーニングしているときからワクワクしていた」

坂本選手の選択は結果として現われ、2020年の全日本選手権でスピードがスケールアップしたことで、高さと幅のあるジャンプが安定し、2位に。2年ぶりに表彰台に返り咲いた。

年が明けると今度は1週間に40キロも走り込んだ。さらなる進化を欲する坂本選手は、世界選手権へ向けて2年越しのリベンジに燃える。

「スピードや迫力はロシア勢に負けないというか、勝てる要素だと思っている。4回転やトリプルアクセルがない中で、どれくらい上まで食い込めるかを世界選手権で知った上で、“北京オリンピック”につなげていけたらと思います」

海外で武者修行へ

平昌オリンピック4位入賞の宮原選手。メダルまであと一歩届かなかったあの舞台を再び目指すため、2019年から拠点を海外に移し、武者修行に励んだ。

しかし、環境を変えたその年に試合でかつてないほどミスを連発し、2019年全日本選手権では6年ぶりの表彰台を逃した。

「自分が信じられないというか、許せないのが一番だった」と宮原選手は振り返る。

それでも、決して諦めることなく、海外で努力を積み重ねると一人磨き続けてきたステップでジャッジから満点の評価を獲得。2020年の全日本選手権では3位となった。

「もっともっと上を目指せると思うので、ステップだけではなく、他の部分も満点を目指して頑張りたい」

復活を遂げた宮原選手が、再び世界との戦いに挑む。