甲子園を沸かせた豪腕が、プロへと羽ばたく。
ドラフト会議でロッテから2位指名を受けた明石商・中森俊介(18)が、26日に神戸市内のホテルで契約を行った。
契約金は6000万円、年俸は720万円(金額は推定)で、背番号は新入団会見時に発表予定となっている。

1年夏から甲子園のマウンドを経験し、昨年は春夏連続で甲子園ベスト4入りを果たした。
MAX151キロのストレートに、スライダー、フォーク、チェンジアップなど多彩な変化球も交え、高校生ながら完成度は高い。 

「ピンチでも動じない強気のピッチングが持ち味なので、プロでも強気のピッチングを貫いて一年目から頑張りたいと思います。1年目の目標は15勝を挙げることです」と頼もしい右腕。大好きなお菓子は『パイの実』と無邪気な一面も見せる。

この記事の画像(2枚)

昨年のドラフト1位・佐々木朗希がいるロッテに、また一人、将来が楽しみな若手が加わった。

(フジテレビ・加藤忍)