今、まさにこんにゃくが旬。とれたての芋から作る旬のこんにゃくの魅力に迫る。

この記事の画像(20枚)

今が旬、生芋こんにゃく

山元町の老舗こんにゃく店。

梅島アナウンサー:
おはようございます。きょうはよろしくお願いします

三代目社長の佐藤剛さん。創業75年の佐藤蒟蒻店では、こんにゃく粉ではなく、生芋から作るこんにゃくにこだわっている。その違いとは…。

梅島アナウンサー:
普通のこんにゃくとは違う?

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
全く違うんですよ。見た目も違うが、味しみの良さ。生芋こんにゃくならではの香りもしますし、歯ざわりも違います

従業員の方に聞いてみても。

従業員:
生芋こんにゃくを食べてから、この魅力にとりつかれまして働かせていただいています。作った料理がとてもおいしくなるので、今はこれ以外は使いません

その味が気になる生芋こんにゃくの原料、こんにゃく芋の畑に案内していただいた。

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
ここです

梅島アナウンサー:
ここ?これが畑ですか?

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
収穫のサインで茎が倒れて枯れたようになる。それを取り除いたのが、この畑

一見なにもないようなこの畑の中に、こんにゃく芋がある。掘り起こすと、ゴロゴロ出てくる。

梅島アナウンサー:
こうやって芋って掘るんですね

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
そうなんです

とれたての生芋で作ったこんにゃく「新物」とは

こんにゃく芋は、春に種イモを植え、冬に収穫。その後、蔵で冬を越し、また春に植え直す。これを繰り返すこと2回から3回。収穫時期を迎えるまでに3年から4年もかかる。

梅島アナウンサー:
どうです?今年の出来は?

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
今年は出来が一番いいですね。病気もなく、順調に育って、この大きさになりましたね。肌もすごくきれいです。つやつやしている感じ

収穫された芋は、きれいに水洗いしてから雑味の原因となる芋の芽やくぼみの汚れを取り除く。

そして、生のこんにゃく芋を蒸してすりおろし、水酸化カルシウムを加えて固めると、こんにゃくは完成。

この方法で作れるのは、2月までの期間限定。だから、今が旬。そして完成したものがこちら!とれたての生芋で作ったこんにゃく。「新物」と呼ばれている。

梅島アナウンサー:
きれいな色味ですね。ちょっと黄色みかかっている

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
新物はやはり一番に芋の香りがいい

お刺身にして、いただく。

梅島アナウンサー:
香りがいいですね。ほんのり甘味もあって、全然雑味がない。こんにゃくそのものの味って、考えたことなかったが味わいがある

中華風と洋風 4カ月間限定の旬のこんにゃく料理

一方、おでんや煮物など、こんにゃくは和食というイメージが強い人も多いのでは?そこで、今回はこんにゃく店直伝の賄いメニューを教えていただいた。野菜たっぷり!こちらの材料を使って作るのは…。

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
お昼に賄いで出している、こんにゃくの中華スープですね

梅島アナウンサー:
中華にアレンジするんですか

白菜やキノコなど野菜をたっぷり鍋に入れ煮込む。中華スープのもとを入れた後、食べ応えのある餃子も入れて火を通す。

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
最後にこんにゃくなんですけれど、今回は帯状に切ってある、つきこんにゃくを使いました

薄めのこんにゃくなので、最後に入れても、味なじみは抜群。これで完成。続いては。

梅島アナウンサー:
えっ、シチューですか?

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
シチューなんですよ。意外に合うんですよ

作り方は、こちらも簡単。板こんを一センチ四方に切って、最後にシチューに入れるだけ。

梅島アナウンサー:
本当に入れるだけなんですね

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
入れるだけなんです

このこんにゃくには、えぐみや臭みもないので、あく抜きもなし。

梅島アナウンサー:
中華風と洋風と二品作っていただきましたが、まずは中華スープからいただきます。アクセントにすごくいいですね。うすい生地だけれど、すごくもちもちしていて中華スープの中に入っても存在感があるし、芋の旨味…スープに具材として合う

そして…

梅島アナウンサー:
こんにゃく、シチューで食べるの初めてです。うん、合いますね。全然違和感ないです。どんな味がするのかなと思ったんですが、シチューともよく味がなじみますね

佐藤蒟蒻店 佐藤剛 社長:
煮ても焼いても炒めても揚げても、なんにでも合うので、どんな料理にも合います。4カ月間だけの限定になるが、こんにゃくは旬があると知って、おいしい料理を作ってくれたら、ありがたいです

佐藤さんの生芋こんにゃくは、県南の産直などで買うことができる。
〇夢いちごの郷 〇おおくまふれあいセンター 〇鳥の海温泉 〇道の駅かくだ など

(仙台放送)