「浮き指」という言葉をご存知だろうか? 立った時に足の指が1本でも地面につかず宙に浮いた状態のことで、大阪府泉大津市が4~5歳児102人を調べたところ約8割が該当したという。
かかとに重心が偏ることで、指先に力を入れて踏ん張れないという。

正常な足(左)と「浮き指」の比較(提供:橋間診療所)
正常な足(左)と「浮き指」の比較(提供:橋間診療所)
この記事の画像(8枚)

市によると現代の子どもの約8割は足部に何らかの異常を抱えていて、そのため集中力の欠如、姿勢の悪さ、怪我のしやすさ、冷え性、首・肩こりなど、様々な不具合の原因になっているという。

また高齢者が「転倒」して要介護になる本質的な原因は「浮き指」にあるとして、市では官民一体となって、足の指を鍛えて正しい姿勢を作る「あしゆびプロジェクト」に2018年から取り組んでいる。

プロジェクトのリーフレット(出典:泉大津市)
プロジェクトのリーフレット(出典:泉大津市)

同プロジェクトでは足指を鍛えることで体幹を安定させ、正しい姿勢を身につけることで生涯元気に暮らせるまちづくりを目指しているという。

すべての足指が着く人はほぼゼロ

では具体的に、泉大津市の「あしゆびプロジェクト」では何をしているのか?昨今のコロナ禍の影響は出ているのか?
泉大津市の担当者に聞いてみた。
 

――浮き指は増えている?

調査によると成人の男性で約7割、女性で約8割の人が浮き指と言われており、市が行っている「あしゆび市民モニター」事業での初回測定においても、両足の指10本すべてが着指している人はほぼおらず、モニター事業初年度の令和2年度では、着指が1~3本が約20%、4~6本が約45%、7本以上が約35%という結果でした。


――コロナ禍の影響はある?

コロナ禍による外出自粛や在宅勤務等により身体活動が少なくなることで、筋力低下を引き起こしていることが考えられ、高齢期だけでなく若い世代での筋力低下も懸念されています。筋力低下は腰痛や歩行障がいにつながる恐れもあり、健康な体づくりのためにもあしゆびをしっかり整え、体幹を安定させることが大切だと考えています。

――「あしゆびプロジェクト」「あしゆび市民モニター」は何をしている?

幼児期では、市内就学前施設において、あしゆびを使った遊びやあしゆび体操、運動能力向上のための体育あそびなどを実施しています。足趾把持筋力と運動能力の関係性については、令和元年度実施した研究において、立ち幅跳びと25m走について関係性があることが分かっています。

高齢期では、転倒予防を目的にあしゆびや体幹機能の強化のための運動プログラム(3か月・全8回)を実施しており、令和3年度は65名の方が取り組み、開眼片足立ち測定では初回平均45.5秒から取り組み後平均63.1秒に、足指力測定では初回平均右3.3㎏・左3.1㎏から取り組み後平均右3.9㎏・左3.9㎏に改善し、体幹の安定度の増強などが図られました。

「あしゆび市民モニター」は、令和2年度から実施しており、足の3Dフットスキャナーと足底圧フットスキャンにより足型や足圧を測定し、足の状態を整えるためのオーダーメイドインソールを作製し、モニタリング期間として3か月間インソールを入れた靴を履いて日常生活を送り、モニタリング終了後足の再測定を行うことで、前後の状態を比較し、効果を検証するものです。一定期間インソールを使用することで足指の状態が整えられ「浮指」「外反母趾」「内反小趾」について約3~5割の改善が図られ、腰や下肢の痛みについても約8割が緩和したと回答しており、取り組みにより健康課題の改善や健康意識の醸成につながったと考えています。

今年度は市制80周年にあたり、これまでの「あしゆびプロジェクト」の取り組みをまとめたリーフレットを作成し、市内全戸に配布を予定しています。
また、これまでの取り組みにおいて、足の健康が体全体の健康づくりに関係することから、今後もあしゆびから展開する健康プロジェクトを進め、市民運動として取り組んでいく予定です。

小学校で行った「浮き指」測定(提供:橋間診療所)
小学校で行った「浮き指」測定(提供:橋間診療所)

「浮き指」の簡単チェック法

泉大津は自治体を上げて「浮き指」対策に乗り出しているが、それ意外の地域に住む人は、どんな対策や予防法があるのか?「浮き指」になる原因は何なのか?
さらに詳しいことを、同市の学校で「浮き指」の測定にも携わっている、橋間診療所の橋間誠院長に聞いてみた。

――なぜ「浮き指」になるのか?どんな害があるのか?

そもそも動物は足の指を接地し、その刺激で体幹を安定させています。例えば両手の指のはらでテーブルを上から押してみてください。お腹の奥の方に力が入っていることがわかります。それが骨盤を安定させるインナーマッスルです。
足の指にも同じ作用があります。私たちの手は動物と異なり、地面から離れています。足の指が接地できていなければどうなるでしょう。骨盤がグラグラの状態になり、学童期から全身の関節や背骨が変形し始め、40~50年で痛みやしびれを生じてきます。


――浮き指の原因は?

例えば、目隠し・裸足で車から外に降ろされ、歩くよう指示されたらどのような歩き方になるでしょうか?かかとから勢いよく歩く人はいないでしょう。足の指からソロソロ歩き始めるはずです。足の指には固有感覚といって、地面の状態を察知するセンサーの役目があるのです。しかし生まれた時から、フローリングや、靴下・靴を履く生活をしている子どもは、足の指で地面の状態を探ることもなく、かかとから接地する習慣がついてしまいます。
他に、サイズのあっていない靴を履く、正しい靴の履き方を知らない、外で長時間遊ぶことがない、などさまざまな原因があります。


――靴文化は西洋の方が長いなのに、なぜ「浮き指」は特に日本で問題になっている?

もともとの筋肉のつき方は、世界中の人でかなり差があります。例えば西洋の人間は少々足の指をうまく使えなかったとしても、もともと体幹の機能を安定させる筋力は非常に強いものを持っています。

一方、日本人や東洋人は骨盤を締めたり体幹を締める筋力が少ないのです。そういう人たちが靴を履く文化を手に入れたため、姿勢の問題や子どもの体力年齢などが徐々に悪化しています。

――「浮き指」になっているか簡単にチェックする方法は?

2人1組になって、裸足で立った人の足の指と床の間に、もう一人が名刺やはがきのような薄い紙を入れてみてください。足の指が床に接地してたら止まるはずですが、「浮き指」の人はズボッと入ります。

1人ならば、いつもように立って下半身をなるべく動かさないように足元を見たとき、内くるぶしが見えていたらOK、見えなかったら「浮き指」です。

(提供:橋間診療所)
(提供:橋間診療所)

「浮き指」は1歳頃から始まります

――「浮き指」になると何歳ぐらいから体に影響が出る?

まず「浮き指」がいつから始まるのかというと、約1歳から2歳。歩き始めた時からです。歩き始めた子どもは、床がどんな状況なのか足の裏で探ります。地面に尖った小石のような物があるところで生活していた子どもは、怪我をしないようにそっと歩くでしょう。これがフローリングのようなところであれば痛みもないので足の裏で床を探ることもなく、淡々と歩くと思います。このようにして「浮き指」は歩き始めた時から発生し、外反母趾の大きな原因になります。

私は3~4年前から、児童の外反母趾の統計を行っているのですが、小学校1~2年生あたりからもう外反母趾が出てきて、小学6年生の3人に1人ぐらいは外反母趾になっています。また、小学校1年生~6年生までの姿勢を分析してみると、子どもたちの9割が猫背になっています。

これは、踵に体重を乗せ過ぎて、後ろに転倒することを予防するために、頭を前に出してバランスを取っているのです。残念なことに、10本の指がしっかり床に付いている児童は、私が学校医として診た1年生から6年生の中には一人もいませんでした。

このような外反母趾や猫背は、はじめのうちは痛みが出ません。痛みが出始めるのは大体30歳ぐらい。この頃から深刻な肩こりや腰痛などに困る方が急速に増えて、40~50歳頃からは加えて膝の痛みが出てきます。

さらに、足の指が地面についていないと、体幹の一番下にある骨盤底筋が緩むことが分かってきました。骨盤底筋は便や尿を我慢するための筋肉で、排尿のトラブルと関連があります。女性は40歳を超えると4人に1人が尿失禁を経験するという統計もあり、排尿トラブルがある日本人は今1000万人を超えています。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

――昨今のコロナ禍で「浮き指は」増えた?どんな影響がある?

コロナ禍の数年間で浮き指の発生件数はかなり増えていると思います。私達は屋外なら段差やマンホール、側溝の蓋などがあるかもしれないので、つまづいたりしないように足で探りながら歩きます。昔なら家の中でも障子の段差などがあったのですが、最近は本当に段差がなくなりました。子どもたちはこのようなところで、何年間か生活したため、足の指の裏の感覚を全く必要としませんでした。

40~50代の大人であれば身体への影響は少ないと思いますが、2~3才児などまだ姿勢の中枢が完成していない子どもが3~4年間を屋内だけで過ごしていたら、整形外科疾患の頻発する60~70代になった時、関節や脊椎の変形などが起こって日常生活に支障が出ることは十分に考えられます。

――「浮き指」の予防は?

子どもたちのためには、足の指を使わないと歩けないフワフワのマットの上で遊ばせるような大掛かりな施設があります。

また、草履や下駄など鼻緒がある履物は、実は非常に理にかなったフットウエアです。私達の足の指は何かを挟むと指が曲がります。つまり、鼻緒がある履物は、必ず指を接地しながらしか歩けないのです。鼻緒が抜けてしまわないよう指をぎゅっと挟むため「浮き指」にはなりません。
こうして足にある内在筋という、足の指を安定させる筋肉を使っていると自然に骨盤が締まっていきます。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

浮き指は「もとに戻ることはない」

――「浮き指」になっても治すことはできる?

特殊な姿勢を診るレントゲンで統計的に調査したところ、トレーニングをしても元に戻ることはありません。ただ、トレーニングをしている人はやり始めた時から、脊椎や足の変形が進行せずに止まります。トレーニングを続けている人と、すぐにやめた人を、同じように5年に1回のレントゲンを撮り続けたところ、やめた人は経年的にどんどん変形が進んでいました。


――「浮き指」はこれから、さらに大きな問題になっていく?

「浮き指」に関する様々な発表が行われていますが、現状では専門家だけの話で留まり、メディアでもあまり取り上げられません。その原因の一つは、整形外科のドクターたちが姿勢に関しての関心が低いことです。

興味は持ってるとは思うのですが、どうしても内視鏡手術や人工関節の開発などが脚光を集めているため、O脚や外反母趾、姿勢が脊椎の変形する原因になっていることなどは、あまり脚光を浴びていません。

ただ「浮き指」について世間の関心度は高いと思います。自分の子どもの指が床に付いてるのか知りたい親御さんもたくさんいると思いますし、外反母趾やO脚は女性の方はすごく関心度が高いでしょう。


――これからの「浮き指」問題を防ぐためにどんな働きかけをしている?

姿勢の問題は、朝起きた瞬間から夜寝るまでずっと毎日続きます。これを変えるには、1カ月に1回のトレーニングをしても、1週間に30分鍛えても全く効果はないと思います。

そこで私たちは、子どもたちが学校に行くたびに、足指の指導を受けられるように働きかけています。低学年の子どもには、足の指でタオルの引っ張り合いをしたり、ビー玉をつかんで器に入れたりする遊びをいろいろ考えて教えています。楽しみながら足の指が器用になり、知らぬ間に、指が地面に付いて、体が楽になります。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

歩き始めの1歳頃から関係があり、その影響は大人になってから出る可能性があるという「浮き指」。もとには戻らないとのことだが、トレーニングで進行を止めることができるのであれば今から始めるのも遅くはないのではないだろうか。