座る時間が長いほど“死亡リスク増”と判明…テレワーカーは大…

ギャラリー
日中の座位時間が2時間増えるごとに増加する死亡リスク(画像提供:京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師)
日中の座位時間が2時間増えるごとに増加する死亡リスク(画像提供:京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師)
脂質異常症、高血圧、糖尿病の保有数に応じて、日中の座位時間が2時間増えるごとに増加する死亡リスク(画像提供:京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師)
脂質異常症、高血圧、糖尿病の保有数に応じて、日中の座位時間が2時間増えるごとに増加する死亡リスク(画像提供:京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師)
京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師 (画像提供:本人より)
京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師 (画像提供:本人より)
※イメージ
※イメージ
日中の座位時間が2時間増えるごとに増加する死亡リスク(画像提供:京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師)
脂質異常症、高血圧、糖尿病の保有数に応じて、日中の座位時間が2時間増えるごとに増加する死亡リスク(画像提供:京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師)
京都府立医科大学大学院医学研究科 小山晃英講師 (画像提供:本人より)
※イメージ
×