コロナ禍の空気を笑いで…名古屋の大須演芸場で新たな落語一門が誕生

北野武さん、漫談家の頃の泉ピン子さん、2人が駆け出しのころ、腕を磨いた名古屋の大須演芸場。

新型コロナの影響で、長らく寄席が休止していたが、いよいよ再開。大須に笑いが戻ってきた。そして再開の寄席で、芸どころ名古屋をこれから支える落語家一門が新たに誕生した。

コロナで寄席が休止…苦境に立つ大須演芸場

この記事の画像(26枚)

登龍亭獅篭さん:
どんどん仕事がなくなっていきましてねえ、私はこれを下り坂48現象と呼んでいたのですがねえ

落語家の登龍亭獅篭(とうりゅうてい・しかご)さん、49歳。約8か月ぶりの寄席。名古屋の大須演芸場。

55年の歴史をもつ、東海地方唯一の常設の寄席。かつては、「日本一客が少ない寄席」と揶揄されたり、家賃の滞納で閉鎖となったり…。その度に、何とか乗り越えてきた。

しかし、2020年はこれまでにない苦難に直面した。新型コロナウイルスだ。

支配人(今年5月):
固定費だけが出ていって、売上は現状ゼロの状態です。1円も入ってこないというのが続いています

談志師匠から破門されて17年…名古屋で唯一の一門を受け継ぎ守り続ける

今年3月から寄席が中止となる非常事態。その影響を強く受けたのが登龍亭獅篭さんら、地元・名古屋の落語家たち。

名古屋で唯一の落語家一門「登龍亭」の筆頭・獅篭さん。9月、名古屋市中区の雑居ビルにこしらえた、仮設の高座に姿があった。登龍亭の落語家は4人。4人の苗字に当たる亭号は、今年の春まで「雷門」だった。

もともと獅篭さんは、立川談志さんの弟子だったが、2002年の「前座全員破門騒動」に巻き込まれた。
漫画家でもある獅篭さんの作品に、事のてん末が描かれている。

獅篭さん:
よくあるのです、破門は。私は第3次破門騒動というやつで。(談志師匠は)機嫌が悪いと破門とかね。一回振り上げたこぶしがね、振り下ろされないような状態になる

立川流を破門となった獅篭さんは、活動の場を東京から名古屋へ。当時、名古屋で唯一の落語家だった雷門小福師匠の門下に移り、雷門獅篭と名乗った。

結果、名古屋の落語家一門が途絶えず、今に繋がっている歴史がある。ところが…。

獅篭さん:
雷門というのが、どうしても浅草のイメージなんでね。そこで、登る龍の亭で登龍亭という、実に名古屋チックな亭号が、120年ぐらい使われていないのですよ

3本の竜の爪が「登龍亭」のしるし。
立川流を破門となり、名古屋に拠点を移してから17年。名古屋に根付いた一門として亭号を雷門から登龍亭に変え、再出発を決めた。

百年続くそんな一門にしたい…登龍亭として新たな出発

しかし、亭号を改めた2020年4月に、大須演芸場で予定していた御披露目は、新型コロナの影響で中止。再出発は叶わなくなった。

人前で芸をすることも出来なくなり、落語を動画でアップする日々…。
そこへ良い知らせは突然やってきた。約8か月ぶり、遂に大須演芸場の再開が決まった。

獅篭さん:
いよいよ寄席が再開されるということで、再開がまずわれわれ登龍亭の御披露目公演ということで、今から準備いたします」

真新しい登龍亭の幕。雷門時代の師匠・小福さんの家族からの贈り物だ。

獅篭さん:
平成15年の夏に、大須演芸場にカバン1つで来たわけですが、初めて自分の一門の芸名が大須演芸場の前に飾られるというね。感無量でございます

うれしいことが、いくつも続く。

入門志願者:
頑張ります、お願いします

一門の新たな仲間候補だ。

獅篭さん:
私はこの登龍亭というのが100年、200年続くような、そういう一門にしたいのですよ。弟子が来るようになって、これは未来のこと、次の世代のことを考えなきゃいけないなと、登龍亭にしたというのもありますから

10月1日、8か月ぶりの寄席が開かれた大須演芸場。延期になっていた登龍亭の御披露目が、いよいよその時を迎た。

獅篭さん:
寄席が再開ですから、“再開”で皆さんと“再会”できるというね、非常に嬉しいわけでございます

お客さんも同じ気持ちだ。

男性客:
落語も見たかったし、演芸場にも来たかったし、何より登龍亭一門のお祝いの席を早く見たかったので、本当に嬉しい

獅篭さん:
こういう時代なので、一杯にはならないと思いますけど…。笑いというものを、そういう場がなかったのでね。笑いを求めている方に、提供したいと

名古屋の「登龍亭」…歴史の幕開け。

獅篭さん:
最初は緊張したけど、はなしに入ったらまた昔の感覚が戻って来たというか。やっぱり、ここはやりやすいです。落語家としては、私の実家みたいな所なんでね。久々に実家に帰って来たという感じですね。名古屋だって4人いるので、もっとワーっと広がるような一門になってもらいたいですね

(東海テレビ)