漁港からクルーズ船が就航…地元愛から始まった挑戦

この記事の画像(12枚)

愛知県西尾市で西三河初のクルーズ船が就航した。このクルージングには街を盛り上げたいという、地元愛が込められていた。

海と森に囲まれた自然豊かな町、愛知県西尾市吉良町。
そんな吉良町にある宮崎漁港に、ちょっと違和感のある船…
新たに就航した西三河初のクルーズ船だ。全長19メートル。白の船体に大きな窓とデッキがついている。

中はまるでレストランのよう…

デッキは2階建てで、白いふかふかのソファが置かれている。

クルーズの内覧会で体験してみると、海風を感じながら見渡す海に、海上から眺められる温泉街も…気分爽快。また、運が良ければスナメリに出会うこともある。

クルーズ船での1時間ほどの周遊に、近くのホテルでの食事と温泉がついて、1人6050円(税込み)から。

始めたのは「三河湾リゾートリンクス」。この地で30年ホテル業を営む会社だ。

特に、会長の牧甫さんには三河湾への強い思いがあった。

牧甫会長:
昔はね、この辺は本当によく流行っていたんですよ。お店がたくさんありましたけど、だんだん衰退しちゃって。ここの良さを皆さんに知っていただきたいなと

以前と比べ人の姿が減ってしまい、寂しくなったと言う。漁港も、昔は多くの漁船で賑わっていたが、拠点を移してしまった。

そこで、創業30周年を機に、三河湾の美しい景観を楽しんでもらう観光の目玉として、このクルーズ船を就航。地域を元気にしたいと考えている。

その上で、ゆくゆくはフレンチやバーベキューを楽しめるクルーズプランを考えている。

牧甫会長:
地元の活性化に役立てればありがたいなと思って。この時期だからこそ、元気を出してやっていかなかんじゃないか

(東海テレビ)