当代6代目…江戸時代から続く老舗のお茶屋さん「升半茶店」

愛知県名古屋市中区、地下鉄・丸の内駅の東にある「升半茶店」は、江戸時代から続く老舗のお茶屋さん。
オススメは秋限定の「蔵出し煎茶」だ。

この記事の画像(8枚)

店内は老舗の雰囲気が漂っている。

創業は、天保11年(1840年)。2020年で180年目を迎えた。

オススメは、秋限定の「蔵出し煎茶(1080円)」。

昔は茶葉を蔵で保管し、熟成させてから出して販売していたことが「蔵出し煎茶」のいわれ。

お菓子にも季節限定がある。「栗入りほうじ茶の葛餅(216円)」。

中に丸ごとの渋皮つきの栗が入っている。

当主の横井さんは6代目。厳しい時代だが、先祖代々続けてきた店を次の世代に渡していきたいと話していた。

(東海テレビ)