隠れ家の絶品キーマカレー…お店の名前は「なんてこった研究所」

名古屋市中区栄の繁華街。三蔵通と伊勢町通の交差点近くに、ブティックと居酒屋にはさまれて、壁にしか見えないデザインの扉があった。

とても見つけにくそうな扉の先には階段が。その階段を上っていくと、4階にかかっていた看板には「なんてこった研究所」の文字が…

店の中に入ってみると、ワインバルのような空間が…

この店は、「キーマカレー」がSNSで評判となり、休日には長蛇の列ができるほどの人気店だ。

キーマカレーの上にチーズ、そして卵黄が乗っていて、美しささえ感じる。

7種のスパイスを使い、レンコンで食感を。そして生クリームを合わせたモッツアレラチーズがたっぷりとかかっている。

味も辛みがあってスパイシーに仕上がっているが、チーズをかけることでマイルドになり、食べやすくなっている。

店名の由来は、飲食業界を「なんてこった」と驚かせたいという思いと、お客さんの料理の反応を見るという「研究所」を合わせたとのこと。

繁華街にあった「隠れ家」のような場所は、キーマカレーが絶品の店だった。

(東海テレビ)